ヒアルロン酸・ボトックス・脂肪注入・W-PRP・皮膚再生医療・ハッピーリフト・シルエットリフト・エンドピール

エンドピール|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>アンチエイジング>>エンドピール

イメージ

エンドピール

エンドピールは、注射によるアンチエイジングの画期的な治療法です。

ヒアルロン酸やコラーゲンのようにシワを埋めるのではなく、またボトックスのように表情筋を麻痺させることで表情ジワを減らすのでもなく、エンドピールはこれら従来の注射治療とは全く違う原理で、顔や体の皮膚や筋肉を引き締め、シワやタルミを即効で解消させます。

エンドピールは今までに無い、全く新しい方法で、治療時間はわずか10分ほど。簡単な注射治療で、治療後に即効果が現れます。

メスで切らずにシワ、タルミを改善させる効果のある高周波治療(サーマクールなど)と比較しても勝るとも劣らない効果を、エンドピールならその場で実感できます。

エンドピールの効果

代表的なものを列挙すると以下の通りです。

  1. 眉毛の引き上げ:上まぶたがたるみ始めると、たるみを逃がすために眉毛を引き上げて物を見る方が少なくありません。こうすると辛うじて瞼のたるみをごまかすことができますが、慢性化すると頭痛や肩こりの原因となり、額にはしわ寄せとして横ジワが目立つようになります。エンドピールでは、簡単な注射で自然に眉毛が引き上がり、結果的にたるんだ上まぶたがすっきりし、しかも眉毛の引き上げによって額の横ジワが増えることもありません。
  2. 額の横ジワ:額の横ジワは表情ジワと言い、これを治すには表情筋を抑えるボトックス注射が効果的です。ところが額にボトックスを注射すると、額のシワが減る一方で、眉毛が上がりにくくなり、結果として上まぶたのタルミがかぶさったようになる可能性がありました。エンドピールでは、眉毛を引き上げて、同時に額のシワを減少させることが可能です。(※状態によっては、適量のボトックスとの併用が良い場合もあります。)
  3. 目尻のシワ(カラスの足跡):目尻のシワも表情ジワで、ボトックスが効果的ですが、エンドピールも、これに勝るとも劣らない効果を発揮します。
  4. 頬のリフトアップ:頬の高さが落ちて貧相な、ふけた印象でお悩みの方には、エンドピールによる頬のリフトアップがお奨めです。症状が軽い場合はエンドピール単独で、症状が強い場合は頬への脂肪注入、あるいはミッドフェイスのリフティング手術との併用が効果的です。
  5. 頬のシワ、たるみ、頬~あごのフェイスライン:従来フェイスリフトでしか改善できなかった頬のシワやタルミにも、エンドピールはかなりの効果を発揮します。頬のシワ、タルミを治したいが、どうしても手術以外の方法を希望する方には、是非一度お試しいただきたいのが、Endo-peel(エンドピール)です。
  6. マリオネットライン:口の左右に垂れさがってきたタルミをマリオネットラインと言います。ヒアルロン酸などの注入で埋めることもできず、また大掛かりなフェイスリフトでもなかなか改善しにくいマリオネットラインが、エンドピールでは非常に良く改善します。症状の軽い人はエンドピール単独で、症状の強い方はエンドピールとフェイスリフトとの併用で、大きな効果が得られます。
  7. 唇の周りのシワ:唇の周りの細かな縦ジワにもエンドピールが効果的です。ヒアルロン酸単独では膨らみが目立つことがありますが、エンドピール単独、あるいはエンドピールとヒアルロン酸注入との併用によって、かなりの効果が得られます。
  8. 口角アップ:への字口に対して、エンドピールは口角を上げる効果があります。
  9. あご下のたるみ、二重あご:皮膚のたるみによる二重あごにエンドピールが効果的です。皮下脂肪が多い場合は、脂肪吸引とエンドピールの併用がお奨めです。
  10. 首筋の筋張ったシワ:歯を食いしばると首筋が筋張ってしまう方には、首へのエンドピールが効果的です。
  11. 二の腕のたるみ:エンドピールには、振袖状に垂れた二の腕を引き締める効果もあります。
  12. お尻、太ももの内側:エンドピールには、何となく垂れてきたお尻、張りがなくなってきた太ももの内側などを引き締める効果もあります。

エンドピールモニター症例写真1(プレミアムエンドピール顔全体)

プレミアムエンドピール症例1

顔全体がリフトアップし、目尻~頬のシワ、ホウレイ線、マリオネットラインが改善しています。
施術後の腫れも極軽度で、すぐにお化粧も出来るので、お忙しい方でも安心です。
※エンドピール単独治療の効果です(2日後)

エンドピールモニター症例写真2(プレミアムエンドピール顔全体)

プレミアムエンドピール症例2

顔全体がリフトアップし、ホウレイ線、マリオネットラインが改善しています。
頬がリフトアップした効果で、ミッドチークライン(通称ゴルゴ線)や目の下のクマも改善しています。
※エンドピール単独治療の効果です(2日後)

エンドピールで使用する注射薬

エンドピールでは、特殊なオイルに溶解されたフェノール(5%)という医薬品を使用します。
痔の治療法の一つでこれに類似した薬品がすでに使用されており、人体への安全性はすでに確認されていますが、エンドピールでは美容目的に新たに開発された専用の注射薬を使用します。
すでにヨーロッパはじめ、数多くの治療実績がある製品ですので、ご安心下さい。

エンドピールで使用するフェノール(5%)

フェノール(5%)

エンドピールの語源

エンドピールで使用される薬剤(フェノール)は、従来ケミカルピーリング剤の一つとして、皮膚の表面に塗布する方法で美容治療に使用されていました。
ケミカルピーリングとは、皮膚表面に薬剤を塗布して古い角質などを除去することにより、皮膚をリフレッシュさせる治療手法ですが、Alain TENENBAUM博士はフェノールを皮下や筋肉内部に注入することで、ケミカルピーリングとは全く異なる美容効果が得られることを発見し、新たな治療法として確立したのです。
体内で作用するピーリング剤ということから、エンドピールと名づけられました。

エンドピールの作用機序(フェノールがどのように作用するのか)

  1. 筋肉内部での空砲形成と筋肉量の減少・・・顕微鏡下で施術前後の筋繊維を顕微鏡下で比較すると、施術後の筋繊維内部には細かな空洞部分ができ、結果的に筋肉ボリュームが減少することが分かっています。しかし筋肉が麻痺したり、壊死したりすることはなく、半年ほどで元の状態に戻ります。筋肉ボリュームの減少によって、ボトックスによる表情筋の麻痺に類似した効果が期待できますが、麻痺ではないので、顔全体的に施術することができ、かつ表情ジワが減っても不自然な表情になりません。
  2. 皮下組織におけるタンパク凝固とコラーゲン増加・・・フェノールはもともとタンパク質を凝固させる作用がある薬剤で、この作用を応用して皮膚表面へのケミカルピーリングに使用されていた歴史があります。体内への注射は安全性のため濃度を下げてありますが、皮下組織内への注入によりタンパク質の凝固作用が起こり、結果的にたるんだ皮膚が引き締まります。サーマクールなどの高周波治療に類似した効果です。また、凝固した皮下組織が回復する過程でコラーゲンが増加することにより、施術前よりも弾力性に富んだ皮膚に変化します。
  3. 神経筋伝達速度の一過性(当初の2ヶ月間程度)の低下・・・ボトックスは神経筋接合部分の神経伝達をブロックすることにより、表情筋を麻痺させて表情ジワを減少させますが、これに類似した効果です。ボトックスのような鋭い効果ではないので、自然さが残存するのがエンドピールの特徴です。

これらの作用が複雑に混合して、緩んだ組織は引き締まり、収縮(緊張)した組織はしなやかになる、という相反する2つの現象が生じ、結果的にボトックスのように麻痺を起こさなくとも表情ジワが減少したり、リフト手術をしなくともタルミが引き上がったり、シワが伸ばされたり、という効果を同時に生み出すことができるのです。

エンドピール治療法の実際

まずは3コースの治療法から、ご希望で選択していただきます。

  1. マイルドエンドピール・・・注射薬の量を少なめにして、さりげなく若返りを実感していただくメニューです。腫れの問題も少ないので、初めての方や、ダウンタイムを短くおさえたい方におすすめです。顔上半分(額・目元)だけ、顔下半分(頬・口元・フェイスライン)だけ、あご下のたるみだけ、筋張った首だけ、といったポイント別に行う場合と、顔全体など広範囲に行う場合があります。顔全体に、あご下のたるみ、筋張った首も組み合わせ可能です。
  2. プレミアムエンドピール・・・ポイント、または広範囲で、薬剤の注入箇所を増やして効果をよりアップさせます。エンドピールは、治療部位や狙う効果などによって、皮下に重点的に注入したり、筋肉内部に重点的に注入したり、と様々なバリエーションがありますが、皮下と筋肉内部を同時に注入することにより、より大きな効果を長く継続させることが可能になります。多少ダウンタイムが伸びても、一度に大きな効果を狙いたい方にはお奨めです。
  3. ボディエンドピール・・・二の腕、お尻、太もも内側などのたるみ改善を狙う方法です。希望部位に注入します。顔のエンドピールと同時に行うこともできます。

治療パターンが決まったら、いざ本番です。
エンドピールの麻酔法は以下の4種類があり、部位や治療内容によって選択します。

  1. ODT(麻酔クリーム)・・・麻酔クリームを塗布してラッピングし、皮膚表面を麻酔する方法です。
  2. ブロック麻酔・・・神経の走行に沿って豆注射を行い、部分的に無痛にする方法です。
  3. 笑気麻酔・・・麻酔のガスを吸入して痛みの感覚を鈍くする方法です。
  4. 静脈麻酔・・・点滴麻酔で眠っていただく無痛酔法です。

エンドピールの注射法

顔の表情筋の解剖を熟知した医師が、表情筋やたるんだ皮膚の適切な部位にエンドピールを注射します。
注射は30Gという極細の針で行うので、針跡さえほとんどできません。
麻酔後に、エンドピールの注射を行っている時間は、フルフェイスで10~20分程度です。
エンドピールの注射後は、痛みを軽くする専用クリームを塗って終了です。

エンドピール治療後の経過、アフターケア

  1. エンドピール治療後に、顔にテープやガーゼを当てることはありません。そのまま帰宅できます。
  2. ボディエンドピール治療の場合は、腫れを抑え効果を高めるために、1週間ほど補正下着(当院で販売しています)を着用していただきます。
  3. エンドピールの当日はお化粧を控えいただきます。お化粧は翌日から可能です。
  4. 洗顔や洗髪は当日から可能です。
  5. 入浴は、はじめの数日はシャワーとし、それ以降は普通の入浴ができます。
  6. 運動や飲酒、治療部位のマッサージなど、腫れを促進するものは1週間控えます。
  7. マイルドエンドピールの場合で、治療部位に軽い腫れと赤みが1日~数日程度、プレミアムエンドピールの場合は数日~長くて1週間程度の軽い腫れと赤みが見込まれます(いずれもお化粧でカバーできる程度です)。また方法に関わらず、稀に内出血する可能性があります。
  8. エンドピールの治療効果は注射の30分後くらいから実感できるようになり、治療後5~7日目くらいで最も効果が明瞭になります。以後、しばらくの間効果が持続しますが、そのまま放置した場合は半年ほどで効果が消失します。
  9. マイルドエンドピールの場合は、効果維持目的で2~3ヶ月間隔での反復注入をお奨めします。
  10. プレミアムエンドピールの場合は、効果維持目的で4~6ヶ月間隔での反復注入をお奨めします。

エンドピールの副作用、合併症

  1. 一過性の腫れ、赤み(数日~1週間程度)
  2. 一過性の知覚鈍麻または過敏(1~2週間程度)
  3. 稀に内出血(皮下出血)
  4. 極稀にアレルギー症状:万が一出現した場合は、当院にて対症療法を行い、以後は本治療を行わないことになります。

エンドピールを受けることができない人

  1. お子様
  2. 妊婦の方
  3. エンドピールでアレルギー症状が出た方
ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る