目の下のクマ・目の下のくま・目の下の膨らみ・目の下の影・目の下の窪み・脂肪注入・経結膜脱脂・ハムラ法など

目の下のクマやタルミの症例1|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>目の下のクマやタルミの症例1

イメージ

目の下のクマやタルミの症例1

目の下のクマ・タルミ・膨らみのモニター症例№01をご紹介します。

下まぶたのクマは疲れや年齢を感じさせるので、治したい患者様は多くいらっしゃいます。

下まぶたのクマの原因はいくつかありますが、代表的なものに下まぶたの脂肪による膨らみがあります。膨らんだ部分の下が陰になるので、クマになって見えるのです。

この脂肪は眼窩脂肪といって、もともとは眼球を守るクッションの役割をする脂肪で、眼球の周り(まぶたの奥のほう)にあるものですが、瞼の皮膚や筋肉が弛みはじめると、弱いところに飛び出してきて膨らみを作ります。

膨らみの下にヒアルロン酸や脂肪を注入して治す場合もありますが、やはり根本的に膨らみを無くしたほうが、すっきりした仕上がりになります。

まぶたのタルミが著しい場合は皮膚の切開が必要ですが、多くの場合は皮膚は切らずに、瞼の裏側(結膜側)にレーザーで穴を開けて、脂肪を除去することで改善します。レーザーで治療するので、ほとんど出血もなく、短時間で終る手術です。皮膚に傷がないので、ダウンタイムが短いのも優れた点で、当院では人気がある手術の一つです。
結膜側の処置なので、コンタクトレンズの装着は、1週間ほど控えていただく必要があります。

手術費用は、両目で23万円です。

モニター症例写真です。

症例1 (上が術前、下が術後)

目の下のクマ・タルミ・膨らみ症例01-01

症例2 (上が術前、下が術後)

目の下のクマ・タルミ・膨らみ症例01-02
目の下のクマやタルミの特設サイトへ

「目の下のクマやタルミの特設サイト」では、最新のモニター画像や、より詳しい治療方法などのご説明をさせていただいております。是非一度ご覧下さい。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る