隆鼻術、小鼻縮小、鼻尖形成、鼻尖縮小、鼻中隔延長、鼻柱、鼻翼、鼻骨削り、ワシ鼻、などモニター症例画像

隆鼻術の解説2|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>隆鼻術の解説2

イメージ

隆鼻術の解説2

当院のオーダーメイドプロテーゼ隆鼻術について

今回は当院のオーダーメイドプロテーゼ隆鼻術について詳しくご説明します。

以前、何度か取り上げた内容ですが、総括します。

まずは手術前の横顔写真とレントゲン写真を示します。
当院で隆鼻術のプロテーゼをデザインするために撮影するレントゲンは、普通のレントゲンのように骨の中を透かして写すのではなく、骨、軟骨、皮下組織、皮膚などの輪郭(形)や厚みを同一写真に写し込む特殊なレントゲンです。眼球やまぶたも写し込まれます。
手術前のレントゲン写真の鼻の皮膚の輪郭、つまりノーズラインに赤線、鼻骨や鼻軟骨の輪郭に緑線を引いてあります。
一見してわかるように、皮膚の輪郭と、骨・軟骨の輪郭は形が異なっています。

次に同じく手術前レントゲン写真に、隆鼻術によって形成したいノーズラインを青線で追加します。
上まつ毛の高さをノーズラインの起点の高さにするとバランス良く仕上がるので、この目安で手術後のノーズライン(青線)をデザインしています。画面では分かりにくいかもしれませんが、実物のレントゲン写真にはまぶたやまつ毛も鮮明に写し込まれるので、レントゲン上で正確にデザインできます。
手術前のノーズライン(赤線)と、手術後のノーズライン(青線)の差が、プロテーゼで高さを出したい厚みです。
しかし隆鼻術のプロテーゼは鼻の皮膚に乗せるわけではなく、鼻骨・鼻軟骨の真上に挿入して鼻の形を作ります。したがってぴったりフィットさせるためには、鼻骨・鼻軟骨の表面の輪郭(緑線)に合う形にするのがベストです。
先に求めた、プロテーゼに必要な厚みを、鼻骨・鼻軟骨にフィットする形にデザインし直します(緑線とオレンジ線)。

さて、プロテーゼは鼻の骨や軟骨にかぶせるように挿入されますので、かぶさる部分も考慮して作成しなければなりません。かぶせる部分のデザインを描き加えてデザイン完成です。

デザインをレントゲン写真に鉛筆で書き込み、これを紙に写し取って、医療用のシリコンブロックの塊を削ってこの形のプロテーゼを作ります。長年この作業をしているので慣れましたが、塊からデザイン通りに削るのは腕の見せ所です。この作業は誰にも負けないという自負があります。
画像は私が手作業で削って作成したプロテーゼです。
ここまで徹底して、執刀医自身が手作業で完全オーダーメイドのプロテーゼ作りをしているクリニックは、私が知る限り国内では当院だけではないかと思います。ほとんどのクリニックでは、工場で作られた既製品のプロテーゼをそのまま、あるいは各患者様に合わせて削り足して準備していますが、オーダーメイドで準備したプロテーゼのようにぴったりフィットは無理ですので、多少隙間ができたり、鼻骨から浮き上がったりしています。これでも一見問題なく仕上がるケースもありますが、浮いて見える、ぐらぐらと動く、曲がる、人工的にまっすぐ、など不自然な仕上がりになる場合も当然あります。
これに対して完全オーダーメイドは、ジグゾーパズルのピースをはめ込むようにぴったりに挿入されますから、ずれることも動くことも曲がることも浮き上がることもなく、自然な仕上がりを保証できます。

挿入予定のプロテーゼを、このモニター患者様の鼻の皮膚の上に乗せてみます。
プロテーゼは皮膚の輪郭には適合していないので、横から見ると隙間ができているのがわかります。
しかし厚みは適合しているので、ピンセットで押し当てると、ノーズラインは予定通りの高さになることが分かります。
プロテーゼは鼻骨・鼻軟骨にぴったりフィットして挿入され、挿入したプロテーゼの厚み分だけ高さがでて、結果的に理想的なノーズラインが出来上がる仕組みです。

鼻骨・鼻軟骨にぴったりフィットするプロテーゼのデザイン、デザイン通りに削ったプロテーゼとその挿入位置、プロテーゼ挿入後のレントゲンを並べて供覧します。
予定の位置にデザイン通りのプロテーゼが挿入されていることが確認できます。

手術前後の横顔写真とレントゲン写真を示します。
手術後は予定通り、上まつ毛の高さを起点とする自然なノーズラインに仕上がっています。

さて今度は手術経過の画像を供覧します。

手術前。鼻根部(目と目の間の部分)だけが少し低いタイプのお鼻なので、ボート型(I型)のオーダーメイドプロテーゼを挿入することになりました。

手術直後です。腫れていますが、軽度です。
腫れは数時間後~翌日ごろに出現し、その後徐々に減少します。

手術後は、こちら画像のように肌色の紙テープを鼻すじに貼り、手術で切開した右の鼻孔の中に、綿をつめます。紙テープは腫れ予防と患部安静のために数日間貼り、綿は1日入れておき、それぞれご自身で取っていただきます。

1週間後です。
内出血した部分があり、赤紫色になっています。この患者様はメイクでカバーはしていませんが、皮膚に傷はないので、通常はメイクでカバーして構いません。

2週間後です。
腫れや内出血がなくなり、外見的にはほぼ完成形です。
以後、1ヶ月後、2ヶ月後の外見も2週間後とほとんど同じでしたので、省略します。

経過画像を並べて比較します。



ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る