隆鼻術、小鼻縮小、鼻尖形成、鼻尖縮小、鼻中隔延長、鼻柱、鼻翼、鼻骨削り、ワシ鼻、などモニター症例画像

隆鼻術と鼻中隔延長術の症例7|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>隆鼻術と鼻中隔延長術の症例7

イメージ

隆鼻術と鼻中隔延長術の症例7

鼻中隔延長術・オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術 モニター画像

今回は鼻中隔延長術・オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術のモニター画像を供覧します。

鼻中隔延長術は、鼻先を特に高くしたり、鼻先を下に向けたりして、同時に丸みもすっきり細くさせる手術です。
鼻先の丸みを細くする手術としては鼻尖縮小術(鼻尖形成術)もありますが、こちらは鼻先の位置を特に高くしたり、下に向けたりといった、鼻先の位置の移動ができないのに対して、鼻中隔延長術の場合は、鼻先の位置を移動させつつ鼻先を細く形成する、ということができる手術です。
したがって、団子鼻で鼻先が上に向いているので、これらを治して鼻先を下に向けつつ鼻先を細くしたい、といったご要望に最適な手術です。

オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術は当院オリジナルの手術です。
プロテーゼ隆鼻術というのは、いわゆるシリコンで鼻筋を高くする手術ですが、多くのクリニックでは既成のプロテーゼを使用しています。
顔は千差万別ですから、本来オーダーメイドにこだわるべきものですが、一つ一つ準備するには相当な手間がかかり、またシリコンは大変削りにくい素材で機械作業ができない部分なので、手作業でちょうどいい形に削りだすためには技術が要ります。
私も初めは苦労しましたが、もう10年以上やり続けてきましたので、職人芸ができるようになってきました。それでも一人分を削って完成させるには1時間はかかります。
プロテーゼはレントゲン撮影をもとにして鼻骨や鼻軟骨のカーブに合わせてデザインしますから、ぴったり張り付くように挿入され、鼻に触れても自然で異物感がない仕上がりになります。
既成品のプロテーゼの場合、どうしても人工的なノーズラインになる場合があったり、鼻に触れるとすぐに分かってしまうなどの問題がありますから、当院はオーダーメイドにこだわり続けています。

前置きが長くなりましたが、モニター画像を供覧します。

鼻筋部分はオーダーメイドプロテーゼ、鼻先部分は鼻中隔軟骨と耳軟骨で形を形成しています。



ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る