プチ整形・注入治療・下顎形成・立ち耳形成・刺青除去・BOTOX・ヒアルロン酸注入・BOTOX小顔治療

下あご(顎)プロテーゼ゙挿入術の症例1|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>下あご(顎)プロテーゼ゙挿入術の症例1

イメージ

プチ整形・その他の美容整形

モニター画像とレントゲンによる解説 アゴのオーダーメイドプロテーゼ その1

今回から数回にわけて、当院オリジナルの、アゴのオーダーメイドプロテーゼ挿入術について解説したいと思います。

まずそもそも、アゴのプロテーゼ挿入術というのがどのような治療かをご説明します。
アゴ先の骨の形が原因でアゴ先が後退していると、フェイスラインが美しくありません。またアゴ先が後退しているとアゴ先に梅干しの種のようなしわができたり、口元が出っ張って見えたりすることもあります。こうした症状がある場合に、アゴ先の骨の真上に、不足分を補うようなシリコンを入れる治療が、アゴのプロテーゼ挿入術です。

さて、早速症例写真を供覧します。
手術前後を比較すると、フェイスラインやお顔の印象がかなり変わっていますね。手術前は口元が出ているように感じられたのが、アゴ先の位置が改善されたら、口元が目立たなくなっています。
顔の印象というと、まず思い浮かぶのは目や鼻だと思いますが、実はアゴ先もかなり重要なパーツであることが実感できると思います。

続いてこの症例のレントゲン画像を供覧します。
当院で撮影したものですが、普通のレントゲンと設定が異なり、骨だけではなく、皮膚の輪郭や皮下組織なども写し込むことができる装置です。普通のレントゲンだと明瞭には写りにくいプロテーゼもくっきりと写せるので、形や挿入位置がよく分かります。

画像は上段から横顔の写真、中段がレントゲン側面像、下段はアゴ先の拡大画像です。

これは当院オリジナルのオーダーメイドプロテーゼが挿入されているケースですが、一般的に美容外科で行われているアゴのプロテーゼ挿入手術をレントゲンで確認してみると、当院のものとは明らかに異なります。
どのように異なるのかは、次回のブログでご説明したいと思います。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る