プチ整形・注入治療・下顎形成・立ち耳形成・刺青除去・BOTOX・ヒアルロン酸注入・BOTOX小顔治療

下あご(顎)プロテーゼ゙挿入術の症例2|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>下あご(顎)プロテーゼ゙挿入術の症例2

イメージ

プチ整形・その他の美容整形

アゴのオーダーメイドプロテーゼの解説その2

今回は、当院オリジナルの、アゴのオーダーメイドプロテーゼについて解説します。

まず、通常のアゴのプロテーゼ(既製品)は、写真のような形をしており、厚みや幅など、いろいろなサイズがあります。

これを歯茎のあたりを切って、アゴ先の骨の上に載せるように挿入することによって、アゴの形を整えるのです。しかし、特定の人に合わせてデザインされているわけではないので、プロテーゼの裏側はツルツルの真っ平ら。これに対してアゴの骨は真っ平らではありませんから、適切な位置に挿入されていないケースが多々あります。

こちらは既成のプロテーゼ挿入例ですが、レントゲンで側面を見ると、うまく挿入されているケースかと思います。(見やすくするために、皮膚の輪郭を白線、骨の輪郭を赤線で補助線を引いています。肌色はプロテーゼの形です。)

ところがこちら。アゴ先ではなく、上のほうにズレているのが分かりますね。本来の先端からずれてしまうと、アゴ先の形も2段に割れたコブか、二重あごのようです。

こちらも同様。しかも、アゴの骨は先端より上の部分は吸収されやすいので、骨が陥没してプロテーゼがめり込んでいます。

こちらは相当めり込んでいます。これではいけません。

こちらは初めに供覧したケースですが、側面からみると大丈夫でも、正面視するとアゴ先が微妙に曲がっています。

触ってみると、ご覧のようにプロテーゼが傾いて挿入されていました。

結論を申し上げると、プロテーゼはアゴの骨の上に直接載せるものなのに、骨の表面の形に適合するように作られていないので、ズレが生じやすいのです。手術操作自体が不正確であることも原因しています。

この欠点を治したのが、当院のオーダーメイドプロテーゼです。順を追ってご説明します。
まず、プロテーゼ挿入手術前には、全例でレントゲン撮影をして、皮膚の輪郭、アゴ骨の輪郭(側面)を正確に把握します。(骨と皮膚の輪郭が同時に写るレントゲン撮影です。)
次に、手術後のアゴの形をシミュレーションして、この形にするために必要なプロテーゼの形(側面の断面)をデザインします。
E-lineというのは鼻先とアゴ先を結んだ直線で、唇がそのラインを超えると口元が出っ張って見えます。したがってプロテーゼの側面をデザインする際には、プロテーゼ挿入後のE-lineでは唇がラインを超えないようにデザインします。

次に、触診と計測、そして経験に基づいて、側面だけでなく3次元的にアゴ骨の先端にぴったりフィットするようなプロテーゼをデザインします。

デザインに基づいて、医療用のシリコンブロックから、その患者様のアゴの骨だけにぴったりフィットする、世界にたった一つだけのプロテーゼを削り出します。すべて手作業ですので時間がかかりますが、手間を惜しんでは正確な手術はできません。
プロテーゼ挿入術は、安全に、適正にデザインされたプロテーゼを、予定された位置に正確に挿入してはじめて成功と言える手術です。プロテーゼの作成だけでなく、手術自体も正確に丁寧に行うのは、言うまでもありません。

実際の手術例を供覧します。
症例1 アゴ先の骨の輪郭にプロテーゼがぴったりと合い、適切な位置に挿入されているのが確認できます。

症例2

症例3

症例4 こちらは先にお見せした、既成のプロテーゼがアゴ先からずれ、しかもアゴ骨が吸収されてプロテーゼが食い込んでいた症例の修正手術です。
土台の骨自体が吸収・変形していたので、やむを得ず、この変則的な形に合わせてプロテーゼを作成し、挿入しています。いわば、立体パズルのようなものです。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る