メール相談メール予約

コンデンスリッチファットについて|コンデンスリッチ豊胸術|銀座みゆき通り美容外科[大阪]


コンテンツ目次

コンデンスリッチファット(CRF)について

これまで行われていた脂肪注入法は、脂肪を吸引吸引して採取した脂肪をガーゼや目の細かい網などで余分な水分や血液だけを取り除き、これを注射器に入れて注入していたため、一旦外気に触れる状態で行われていました。

これに対し、コンデンスリッチファット(CRF)による脂肪注入は、特殊な専用器具で脂肪を吸引採取し、脂肪は外気に触れないままコンデンスの精製過程を経て再び体内へ戻すことができるため、清潔を保たれた状態で注入を行うことができます。

また、精製過程で、遠心分離器にかけて、死活細胞(死んだ脂肪細胞・壊れた脂肪細胞の破片や中身)、老化細胞(老化して弱った脂肪細胞)、麻酔液、血液などの不純物を除去して、活きの良い脂肪細胞と脂肪組織に含まれる幹細胞だけを濃縮することができます。

このように、極めて高い衛生状態を保たれたまま、本来注入に不要であった不純物を取り除き、さらに濃縮(コンデンス)された、活きの良い脂肪細胞+脂肪幹細胞こそが、コンデンスリッチファット (CRF)です。

コンデンスリッチファット(CRF)による注入術 3つの特徴

1.脂肪の定着率がUP

従来の脂肪注入法はもちろんのこと、これまで最高峰といわれていた脂肪幹細胞注入法を大きく上回る脂肪の定着量を実現しました。

各種脂肪注入の優劣を比べる際、単に脂肪の定着率(注入量に対して定着する割合がどの程度か)が判断基準となりやすいのですが、はたしてこの一般的な判断基準が正しいのでしょうか?

我々、美容医療を専門に行うものの場合、注入量に対する定着の割合というものももちろん重要なのですが、実際の効率・効果という面では、『採取した脂肪からどれだけの量の脂肪が定着するか』ということの方が、重要となります。

もちろん、注入量に対する定着割合が高いということは、「ダメになる脂肪」も少なくなるため、術後の感染症や石灰化などのリスクが低くなりますので重要な要素となります。

しかし、自身の体から採取できる脂肪の量には限りがありますので、採取(脂肪吸引)できる量に対する定着の割合というものがさらに重要となります。

例えば比較的細身の方であった場合、採取する脂肪の量は僅かになりますので、僅かな脂肪の量からでも効率よく定着するのであれば、患者様の体への負担も少なくなり、かつ、効果を得ることができます。

これらのことを踏まえた上で、「従来の脂肪注入法」「脂肪幹細胞注入法」「コンデンスリッチファット注入法」を比較した場合、脂肪注入と脂肪幹細胞では、注入量に対して脂肪注入は定着率約40%、脂肪幹細胞注入は80%と、定着率だけ見れば倍近い定着率が得られる脂肪幹細胞注入に軍配が上がりますが、脂肪幹細胞注入では採取した脂肪の半分の量から幹細胞を抽出し、残りは廃棄するため、採取した脂肪からの定着率を考慮した場合は、ほぼ同じ量の定着に留まってしまいます。

一方、コンデンスリッチファット(CRF)の場合、注入量の定着率は、脂肪幹細胞と同じ約80%ですが、脂肪細胞(死活細胞を除く)はすべて注入に使われ、幹細胞もすべて注入に使われるため、同じ採取量であった場合、定着量が格段にアップします。

≫ さらに詳しい説明はこちら

2.リスクを回避

独自に開発されたコンデンス(濃縮)技術は、脂肪吸引から無菌状態のまま不純物(麻酔液・血液・細胞膜・死活・老化細胞など)を取り除き、健康な脂肪及び、脂肪幹細胞だけを濃縮することができますので、無菌状態まま注入することが可能となります。その結果、しこり・石灰化・脂肪壊死のリスクを極めて高い割合で抑制することができます。

脂肪注入のメリットは、人工のもの(シリコンバッグなど)を体内に挿入してボリュームを持たせる手術方法と比較した場合、異物反応のリスクがなく、見た目や触感が以前なことです。

その一方で、脂肪注入では注入した脂肪が石灰化をきたしたり、シコリを形成したり、脂肪が壊死(注入した脂肪細胞が死ぬこと。大量に壊死を起こした場合、感染症を起こしやすい)したりといったリスクも存在します。

この脂肪注入のリスク(石灰化・シコリ・脂肪壊死)は脂肪を注入する際に本来不要である不純物(死活細胞・老廃物)が原因であることが医学的に解明されており、これまでは、この不純物を除去することが困難でした。

しかし、当院で採用しているコンデンスリッチファット(CRF)注入法は、最新機器「LIPOMAX-SC」と、特許を取得しているウェイトフィルターを使用して、吸引した脂肪を外気に触れないまま遠心分離にかけ、不純物を無菌状態のまま取り除き、健康な脂肪だけを濃縮することを可能にしました。

この独自のコンデンス(濃縮)技術によって得られた健全な脂肪だけを注入することができるため、しこり・石灰化・脂肪壊死などのリスクが激減しました。

≫ さらに詳しい説明はこちら

3.体の負担が軽減

コンデンスリッチファット注入法は脂肪幹細胞注入法の半分以下の手術時間です。

また、質の良い新鮮な脂肪だけを注入するこの技術は、術後のダウンタイムの削減にも大きな役割を担っています。

これまで脂肪注入法では最も優れているといわれていた脂肪幹細胞注入法ですが、脂肪の採取(脂肪吸引)をし、その半分の量から幹細胞を抽出する工程に多くの時間を要するため、調整した脂肪を注入するまでには最低でも6時間、長いと半日もかかってしまいます。
そのため、患者様には長時間の麻酔を施さなければならず、場合によっては脂肪採取時と注入時の計2回の麻酔が必要で、体への負担が大きいという欠点がありました。

コンデンスリッチファット(CRF)注入法では、幹細胞を別工程で抽出する必要がなく、わずか20分程度の短い工程時間で脂肪をコンデンス(濃縮)出来る特殊な機械を用いるため、約2時間半で手術を終える事が可能となるため、体への負担も大幅に軽減されます。

≫ さらに詳しい説明はこちら

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。
専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

メールからのご相談
ご予約の方法


Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る