メール相談メール予約

コンデンスリッチファット精製過程|美容外科・美容整形[大阪]


コンテンツ目次

コンデンスリッチファット精製過程

1.専用シリンジで脂肪を採取

コンデンスリッチファット専用のシリンジを用いて脂肪を吸引採取します。
外気に触れないまま脂肪を採取することができます。


2.チュメセント液(麻酔液)を廃棄

1のシリンジを10分間ほど立てておくと、自然に脂肪とチュメセント液(麻酔液)とに分離してきます。
分離後、チュメセント液(麻酔液)のみを廃棄し、脂肪だけを残します。


3.採取した脂肪を遠心分離

チュメセント液(麻酔液)を廃棄し、脂肪だけが入っているシリンジを専用の遠心分離機器LIPOMAX-SCにセットし、1分間に4000回転の高速回転で8分間、遠心分離をします。


4.脂肪が3層に分かれる

遠心分離が終ると、三層に別れ、上から排泄オイル(=死活・老化細胞)、健康な脂肪細胞+幹細胞、不純物 (=麻酔液、血液、細胞膜など)とキレイに分かれます。


5.脂肪以外を廃棄

3層に分かれたそれぞれの層の内、最上部一層目の排泄オイル(=死活・老化細胞)と一番下三層目の不純物とを廃棄し、二層目の脂肪のみをシリンジ内に残します。


6.コンデンスリッチファットを注入

シリンジ内に残った活きの良い濃縮脂肪(脂肪細胞+幹細胞)こそがコンデンスリッチファット(CRF)です。
これをバストに注入します。

1~5のすべての精製プロセスを行い、吸引した脂肪をコンデンスリッチファットに調整するために必要な時間はわずか20分です。

脂肪幹細胞注入法では、全行程(脂肪吸引→注入脂肪の調整→脂肪注入)を 行うために手術時間が6時間以上もかかっていたのに対し、コンデンスリッチ豊胸術ならわずか平均2時間半で行うことができます。


7.W-PRP(濃縮血小板・白血球)をCRFに添加

手術中にご本人から採血し、遠心分離によってW-PRP(血小板と白血球を濃縮した成分)を抽出します。

血小板は止血の際に必要な成分ですが、成長因子(グロースファクター)が 豊富に含まれるため組織再生や血管新生を促す作用があります。
また白血球は成長因子(グロースファクター)の働きを増加させる働きがあります。

このためW-PRPをコンデンスリッチファット(CRF)に混ぜて注入すると、 コンデンスリッチ豊胸術の脂肪定着や回復力が、さらにアップします。


ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。
専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

メールからのご相談
ご予約の方法


Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る