メール相談メール予約

コンデンス(濃縮)技術の特許|美容外科・美容整形[大阪]


コンテンツ目次

コンデンス(濃縮)技術の特許

コンデンスリッチファット(CRF)注入法は、従来の脂肪注入法の最大の課題であった、しこり・石灰化・脂肪壊死の問題が極めて高い割合で改善された上、 これまでベストな脂肪注入方法とされていた「脂肪幹細胞注入法」よりも多くの脂肪を定着させることができる画期的な方法です。

その秘密は、アメリカのFDA(日本の厚生労働省に該当)より認可された機器「LIPOMAX‐SC」と、特許を取得した「ウェイトフィルター」を使用した独自の脂肪の濃縮(コンデンス)技術にあります。

CRFコンデンス技術

1.ウェイト効果

通常の遠心分離の約25倍の圧力(G)をかける

「ウェイトフィルター」のウェイト(重さ)によって、遠心分離の際に脂肪にかかるG(圧力)は、通常の遠心分離のG(圧力)の約25倍にまでなります。
この時、老化した弱い脂肪細胞はG(圧力)に耐えられず、壊れて排泄オイルとなり、分離します。
この約25倍のG(圧力)に耐えられた強く健全で良質な脂肪細胞(コンデンスリッチファット)のみを抽出し、注入に使用します。

CRFウェイトフィルターなし CRFウェイトフィルターあり

2.フィルタリング技術

コンデンスリッチファットと排泄オイル(=壊れて液状化した死活・老化細胞)を分離

吸引採取した脂肪はウェイトフィルターかけられ、死活・老化した細胞は壊れて液状化しするため、ウェイトフィルターの液体しか通さない小さな穴から排泄されます。

これにより、これまでの脂肪注入法では成しえることができなかった、「不純物と新鮮で健全な脂肪との分離が、このウェイトフィルターで実現することができるようになりました。

CRFウェイトフィルターあり

3.空気に触れない工程・プロセス

全ての工程(プロセス)を空気に触れないシリンジ内で全て行う

これまで行われてきた脂肪注入では、吸引して採取した脂肪を目の細かい網やガーゼで余分な水分や血液を取り除き注射器に移す作業があるため、必然的に外気に触れる時間が必要となります。

一方、コンデンスリッチファットは、麻酔液(チュメセント)の注入から、脂肪の吸引採取、廃液、コンデンス(濃縮工程)まで、シリンジから出すことなく、一切外気に触れることなく無菌状態で行われます。

空気中には空気に含まれる、目には見えない雑菌や粉塵(ほこり)などに触れる事のない環境で行うことができるため、感染症のリスクも大幅に削減することになります。

これまで行われてきた脂肪注入では、脂肪吸引で採取した脂肪を一旦外気に触れる状態で目の細かい網やガーゼで余分な水分や血液だけを取り除き、 これを注射器に入れて注入していました。

CRFウェイトフィルターあり

脂肪細胞を単純に遠心分離して濃縮するだけでは、コンデンスリッチファットと言う事はできません。

コンデンス(濃縮)技術とは、脂肪組織に圧力を加えることで、死活細胞だけでなく、老化細胞も除去し、健全で生きの良い若い脂肪細胞と幹細胞だけを濃縮することができる技術のことです。

これら独自の技術は、脂肪の定着を良くするだけでなく、石灰化、しこり、脂肪壊死といったこれまでの脂肪注入特有の合併症を防ぐこととなります。

また、無菌状態での全ての精製工程(プロセス)を行えるため、感染症のリスクも削減します。

このようなことから、効果と安全面において現時点で最も優れている脂肪注入法であるということがお分かりいただけると思います。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。
専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

メールからのご相談
ご予約の方法


Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る