二重まぶた・目頭・目尻・下瞼開大(たれ目)・涙袋(涙堂)・眼瞼下垂・目の下のクマ・タルミ

目頭切開|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>目の美容外科>>目頭切開

イメージ

目頭切開

本来二重まぶたは平行型になるものですが、日本人の場合、目頭に蒙古ヒダという皮膚のかぶさりがあるので、二重が目頭のヒダに引き込まれて末広がり型になることがあります。

蒙古ヒダと二重まぶたのタイプ

二重まぶたは末広がり型と平行型の二つのタイプがあります。

平行型二重まぶた 末広がり型二重まぶた

平行型二重まぶた

末広がり型二重まぶた

二重まぶたが末広がり型であること自体は全く問題ないのですが、目頭のヒダが発達していると、まつ毛がチクチク刺さったり(逆さまつげ)、目の内側が隠れて小さく見えたり、左右の目が離れて幼く見えたり、キツイ目つきに見えたりすることがあるので、これらを改善したい場合には目頭のヒダのかぶさりを取り除く目頭切開術が効果的です。

目頭切開術を行うと、左右の目の間隔が短くなり、目の横幅が長くなり、末広がり二重が平行型二重に変わります。

目頭切開

目頭切開の代表的手術法にはW形成法(内田法)目頭切開術とZ形成法目頭切開術があり、当院では患者様のまぶたの状態に適した目頭切開手術法を選択して施術しています。

目頭切開術をした部分は、髪の毛ぐらいの細いナイロン糸で縫合します。

末広がり型二重まぶたの場合は目頭切開単独の治療で平行型二重まぶたに整形できます。一重まぶたの場合は二重まぶた手術と目頭切開を併せて行います。

症例写真

奥二重の患者様でしたが、まぶたが弛んでだぶついた感じを解消したいとのご希望でしたので、全切開法二重まぶた手術で皮膚切除を行い、スッキリした二重まぶたを作る方針としました。また平行型二重まぶたの希望でもあったので、目頭切開術(W形成法)を併用しました。

目頭切開術 手術前

目頭切開術の症例1

目頭切開術 手術後(3ヵ月後):腫れも引き、弛んだ感じも解消しています。スッキリした平行型二重まぶたになりました。

目頭切開術の症例1術後

目頭切開術 手術後(3ヵ月後):目を閉じても傷は目立ちません。

目頭切開術の症例1術後-2
ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る