脂肪吸引・腹部・ウエスト・太もも・ふくらはぎ・ヒップ・痩身・メソセラピー

メソテラピー・やせ薬|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>脂肪吸引・痩身>>メソテラピー・やせ薬

イメージ

メソテラピー・やせ薬

脂肪を分解・溶解するお薬を皮下脂肪内に注射をし、部分痩せを行う方法や痩せ薬のご案内です。

脂肪溶解注射/メソセラピーダイエット(メソテラピーダイエット)

脂肪溶解注射(メソセラピーダイエット、メソテラピーダイエット)とは、脂肪を分解するお薬を皮下脂肪内に注射をする部分痩身治療です。

一度の治療で脂肪吸引ほど劇的に脂肪を減らすことは難しいですが、何度か繰り返すことで徐々に効果を上げていくことができます。
5分ほどで終わる簡単な治療です。

当院の脂肪溶解注射は、脂肪細胞を分解して脂肪酸を遊離する作用があるフォスファチジルコリンというお薬に、脂肪酸の代謝(脂肪燃焼)を促進させるL-カルニチンというお薬を配合したものです。
通常の方法(フォスファチジルコリンのみ)と比べて治療効果が大きいのが特徴です。

治療方法

それぞれの患者様に対して個別に調合した脂肪溶解薬を痩せたい部分に注射します。冷却麻酔して行いますから痛くありません。

注射が終わったら、患部を軽くマッサージして終わりです。
治療後は当日から普段通りの生活やお仕事、入浴が可能です。施術後の固定や圧迫は一切ありません。
翌日から軽い腫れや赤みが出ることがありますが、数日~1週間以内に消失します。

1回だけでもある程度の効果はありますが、3~5回位繰り返すとより大きな効果が現れます。

脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪溶解注射

やせ薬(医療ダイエット)

食べなければ必ずやせます。
そんなことは分かりきっていることなのですが、食べなければお腹が減ってつらい思いをします。だから無理なダイエットをするとリバウンドが起こります。

食欲抑制剤は厚生労働省認可の内服薬で、保険診療でも処方されているものですが、保険診療で処方できるのは内科合併症などのある病的な肥満者に限られているので、当院では病気でない人に自費診療で処方しております。

治療方法

これまでの病歴、持病や常用薬の有無など、薬の処方にあたって何か問題点がないかどうかを確認してから処方します。

服用は1日1~2回です。断食などの過激な食事制限を行うわけではなく、必要摂取カロリーよりも若干少なめの摂取量とし、これを毎日長期間(目安として3ヶ月間)継続することを目標とします。

軽い運動を続けることで代謝を活性化しておくと、さらにダイエット効果を高めることができます。

食欲抑制剤(やせ薬)

食欲抑制剤(やせ薬)

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る