豊胸術・脂肪注入・バストアップ・乳房縮小・乳房挙上・女性化乳房・乳頭縮小・陥没乳頭・乳輪縮小・ヒアルロン酸

薄毛・抜け毛・はげの悩みに毛髪再生治療HARG療法|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>薄毛・抜け毛・はげの悩みに毛髪再生治療HARG療法

イメージ
  • AGAバスター/HARG療法

AGAバスター/HARG療法

銀座みゆき通り美容外科では、内服薬、外用薬、局所注射薬などを駆使して、クリニックでしかできない男性型脱毛症(AGA)に対する薄毛治療、抜け毛治療、禿治療を専門的に行っています。

当院で行っている男性型脱毛症(AGA)の薄毛治療、抜け毛治療、はげ治療を目的とした発毛治療、育毛治療、増毛治療や、女性も安心して受けられる再生理論に基づいた最新の毛髪再生HARG療法について、詳しくご説明します。

HARG療法専門サイトは下記画像からどうぞ

※HARG療法は再生医療の理論に基づいた治療法です。

女性の薄毛に対しても効果を得ることが出来ますのでHARG専門サイトを一度ご覧下さい。

ハーグ療法専門サイトへ

男性型脱毛症(AGA)とは

男性型脱毛症は、いわゆる若ハゲで、主に20代以降の男性に発症します。

年齢とともに発症頻度は増加し、40代男性の約30%は男性型脱毛症であると言われています。
男性型脱毛症は遺伝と男性ホルモンが関係しますが、男性ホルモンが関係する頭髪は前頭部~頭頂部のみで、もみあげや側頭部、後頭部の毛は男性ホルモンに無関係です。

このため、図のように額がはげ上がり生え際が後退したり(Ⅰ~Ⅲ)、頭の天辺~その後ろの毛が薄くなったり(Ⅲvertex~Ⅴ)、それらがつながったりする(Ⅴa~Ⅶ)のが特徴です。

男性型脱毛症の分類

男性型脱毛症(AGA)の治療薬

男性型脱毛症(AGA)の治療は、主原因である男性ホルモンによる頭髪への悪影響を遮断することが第1歩です。

この特効薬がフェナステリドという成分で、副作用も少ないため、プロぺシアという内服薬として広く処方されています。

プロぺシアは半年以上の長期間に渡って内服し続けると、脱毛が減少し、それなりに発毛効果も得られます。しかし積極的に発毛させる作用はないので、単独使用の場合、1年間ほどの内服で効果は平衡状態となり、それ以上の増毛効果は期待しにくいと言われています。

フィナステリドの他に男性型脱毛症(AGA)の治療薬として代表的なものにミノキシジルという成分があり、内服薬や外用薬があり、低濃度の外用薬は市販されています。

ミノキシジルには、頭皮の血行を促進させる作用や毛乳頭細胞を活性化させる作用があり、L-リジンをはじめとした必須アミノ酸や各種ビタミン類と併用することで増毛効果が高くなります。

フィナステリドとミノキシジルは併用することで相乗効果があり、それぞれの単独使用に比べてはるかに大きな発毛、増毛効果が期待できますが、配合率によって大きな効果が生まれることもあれば、逆に効果の割に副作用の出現率も高くなることもあるので、安易に自己判断で併用するのは危険です。

安全に男性型脱毛症(AGA)の治療を継続するためには、医師の管理下で使用することが大切です。

フィナステリドとミノキシジル以外の男性型脱毛症(AGA)治療として最近注目されているものに、再生医療による発毛治療(HARG療法)があります。

HARG療法は頭皮に直接薬を注入する治療法で、もともと体内に含まれている発毛に有効な成長因子(グロースファクター)を抽出し濃縮したものに、アミノ酸、ビタミンB群を混合して頭皮に直接届けることにより、高い発毛効果が期待できます。

フィナステリドやミノキシジルによる治療でも十分に効果が得られなかった場合や、フィナステリド・ミノキシジルとの併用でさらなる大きな発毛、増毛効果を生み出したい場合などに、HARG療法が適しています。

当院の男性型脱毛症(AGA)治療

★内服療法(AGAバスター タブレット)

主成分のフィナステリドに、ミノキシジル、アミノ酸(L-リジン、L-システイン)、ビタミンB群(B1、B2、B3、B5、B6、B9)などを、安全にバランスよく配合した飲み薬です。

男性成人で1日1回、1~2錠を内服します。

フィナステリド(プロぺシア)を単独で使用するのに比べて、より大きな効果があります。
治療が必要な高血圧や低血圧の方、心臓・肝臓・腎臓に重度の疾患がある方、女性には処方できません。

稀に副作用が起こることがあるので、医師の指導のもとでの使用が原則です。

★外用療法(AGAバスター リキッド)

主成分のミノキシジル(6.5%)に、フィナステリドを安全にバランスよく配合した塗り薬(スプレーポンプ式)です。

男性成人で1日1~2回、頭皮に散布します。

ミノキシジル外用薬を単独で使用するのに比べて、より大きな効果があります。
治療が必要な高血圧や低血圧の方、心臓・肝臓・腎臓に重度の疾患がある方、頭皮に皮膚疾患がある方、女性には処方できません。

稀に副作用が起こることがあるので、医師の指導のもとでの使用が原則です。

★内服療法 + 外用療法(AGAバスター タブレット + リキッド)

当院推奨!! モニター募集(治療費半額:1ヶ月あたり15,000円)

内服と外用を併用することで、大きな相乗効果があります。
治療が必要な高血圧や低血圧の方、心臓・肝臓・腎臓に重度の疾患がある方、頭皮に皮膚疾患がある方、女性には処方できません。

稀に副作用が起こることがあるので、医師の指導のもとでの使用が原則です。

症例写真(AGAバスター タブレット + リキッド)

・治療開始前

AGA1

・治療後1ヶ月目

AGA1

・治療後2ヶ月目

AGA1

・治療後3ヶ月目(その後も治療継続中です。)

AGA1

★局所注射療法(HARG療法) 当院推奨!!

AGAバスターの処方が困難な方(高血圧、低血圧、薄毛の女性など)やAGAバスターによる治療で十分な効果が得られなかった方に、あるいはAGAバスター使用中にさらなる大きな効果を出したい方の併用治療として、当院ではHARG療法を行っています。

男性成人または成人女性に、1ヶ月に1回のペースで、頭皮にHARGカクテルを直接注入します。

1回でも効果がありますが、ある程度明瞭な効果が出るまで、3~6回程度の反復治療が理想的です。

静脈麻酔や笑気麻酔を併用して行うので、注入中の痛みの心配はありません。また治療当日から洗髪も可能です。

HARGカクテルの主成分である脂肪幹細胞抽出タンパクは、感染症がない健康人ドナーの脂肪細胞を組織培養して増やした幹細胞(stem cell)から抽出したタンパク質で、発毛に重要な役割を果たすKGF、PDGF、VEGFをはじめ発毛に有効な成長因子(グロースファクター)を豊富に含んでいます。

ガンマ線による滅菌処理が施され、抗原性を除去してあるため、感染やアレルギーの心配がありません。

HARG療法はすでにアメリカや韓国などでは多数の実績があり、また国内でも数百例ほどの臨床症例がありますが、副作用の報告はなく、安全性が確認されています。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る