症状別の治療方法|目元・目の下のクマやタルミ|銀座みゆき通り美容外科大阪院

目元・目の下のクマやタルミの銀座みゆき通り美容外科大阪院 目元・目の下のクマやタルミの銀座みゆき通り美容外科大阪院 メール相談 カウンセリング予約

>>目元・目の下のクマやタルミ>>症状別の治療方法

目元・目の下のクマ・タルミ 症状別の治療方法

目元・目の下のクマ(タルミ)の症状には
【 影グマ 】・【 紫グマ 】・【 茶グマ 】の3つがあり、それぞれ適した治療方法が異なります。
ここでは、それぞれの目元・目の下の症状ごとに適した治療方法をご説明いたします。

影グマ・茶グマ・紫グマそれぞれの症状については、

影ぐまの詳しい説明

紫ぐまの詳しい説明

茶ぐまの詳しい説明

をご覧ください。

影ぐまの解消法

影ぐまの解消法は「経結膜脱脂法」「脱脂リポ法」「脱脂Wリポ法」「脱脂コンデンスリポ法」

影グマは、その方の症状やクマの症状となる原因により、治療方法が異なります。

経結膜脱脂法で解消できるケース

メーラファットという目の下の膨らみの下の溝(眼頬溝)から下の皮下脂肪が比較的しっかりとしたボリュームを維持していて、目の下の膨らみが軽度な方の場合は「経結膜脱脂法」で改善します。

経結膜脱脂法の詳しい説明はこちら

影ぐまの詳しい説明はこちら

経結膜脱脂法+脂肪注入で解消するケース

目の下の膨らみの下の溝(眼頬溝)から下のメーラーファットという皮下脂肪が下垂していたり、ボリュームが不足し目の下の膨らみと頬の上との高低差があるために眼頬溝がはっきりしている方は「脱脂リポ法」「脱脂ダブルリポ法」「脱脂コンデンスリポ法」で改善します。

影グマは、目の下の膨らんでいることだけが、その原因ではないことが珍しくなく、多くの場合、目の下の膨らみと頬の上の高低差によってその境目である眼頬溝が窪み溝になっている原因も複合していることが多いため、「経結膜脱脂法」で、目の下の膨らみそのものを改善しても、影グマの症状は改善せず、むしろ症状によっては目の下が全体的に窪み、クマの症状が、悪化することもあります。

このように、目の下と頬の上の高低差によって眼頬溝がはっきりとした溝になっている場合は、眼頬溝を埋めつつその高低差を補い、立体的に改善しなければ、目の下のクマの症状は解消しないことになります。

眼頬溝が浅い場合は「脱脂リポ法」深い場合は「脱脂ダブルリポ法」「脱脂コンデンスリポ法」

比較的この眼頬溝の高低差が少ない場合は「経結膜脱脂法」で採取した少量の眼窩脂肪を眼頬溝に注入する「脱脂リポ法」で改善することが出来ますが、高低差が大きい場合、採取した眼窩脂肪の容量では不十分なため、太ももの内側や腹部から十分な脂肪を採取して注入する「脱脂ダブルリポ法」及び「脱脂コンデンスリポ法」が適応となります。

当院で行なう目の下のクマ根治治療「脱脂リポ法」「脱脂ダブルリポ法」「脱脂コンデンスリポ法」は「経結膜脱脂法」で眼窩脂肪による目の下の膨らみを改善し、眼頬溝やボリュームの不足したメーラーファット(頬上の皮下脂肪)を補い脂肪注入を合わせて行うオリジナルの治療方法です。

他院で目の下の膨らみ解消術として「経結膜脱脂法」などの下まぶたの脱脂術を受けたが、改善しなかった場合は、脂肪注入で修正し、完治させることも出来ます。

脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法の詳しい説明はこちら

脱脂コンデンスリポ法の詳しい説明はこちら

影ぐまの詳しい説明はこちら

脂肪注入以外にもヒアルロン酸注入など注入薬剤で改善することもできますが、目の周辺の場合はこれら注入薬剤による合併症などのリスクがありますので、当院では目の下への注入は脂肪以外行いません。

脂肪注入以外の目の下の注入治療についてはこちら

脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法の詳しい説明はこちら

脱脂コンデンスリポ法の詳しい説明はこちら

紫ぐまの解消術

紫ぐまの詳しい説明はこちら

紫グマの症状は、目の下の皮膚が極めて薄いため、皮膚の状態や性質の個人差によって、その皮膚の直ぐ下の眼輪筋という筋肉の赤い色が透けて見えることが原因です。

「脱脂ダブルリポ法」「脱脂コンデンスリポ法」で紫グマを改善

目の下の皮膚などその構造上、紫グマの症状を完全に無くすことは出来ませんが、症状を軽し、軽いお化粧程度で目立たなくすることが出来ます。

その方法が、「脱脂ダブルリポ法」「脱脂コンデンスリポ法」です。

当院で行なっている「脱脂ダブルリポ法」「脱脂コンデンスリポ法」は、主に影グマを根本的に解消する方法ではありますが、目の下の皮膚と眼輪筋の中間層に脂肪を適量注入するため、新たに形成される黄色い脂肪の層が、筋肉が透けて見える現象を抑制する効果があります。

紫グマは影グマと混在しているケースが多い

紫グマは影グマの症状と混在していることがほとんどですので、「経結膜脱脂法」が適応となる症例でも、紫グマが混在している場合は、「脱脂ダブルリポ法」もしくは「脱脂コンデンスリポ法」を行なうことで、紫グマの症状も同時に改善することが出来ます。

また、このように紫グマと影グマの症状と混在しているケースではご本人の印象として紫グマを認識されていないことが多く、「経結膜脱脂法」のみ行なった場合、手術後に紫グマになってしまったと誤解を受ける可能性があります。
クマの症状を見極めることが非常に重要となります。

脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法の詳しい説明はこちら

脱脂コンデンスリポ法の詳しい説明はこちら

茶ぐまの解消術

茶ぐまの詳しい説明はこちら

茶グマとは目の下の皮膚にメラニン色素が沈着し茶色くなっている状態です。

茶グマの治療には、一定の間隔でレーザー治療とトレチノイン療法を交互に何度も繰り返し行なわなければならないため、患者様の負担も大きなものになります。

茶グマは影グマと混在しているケースが多い

目の下が茶色く、ご自身では色素沈着が原因で茶グマの症状となっていると思っていても、実は、影グマと茶グマが混在し目の下のクマやタルミが目立っているケースが多いようです。

このような影グマと茶グマが混在しているケースでは、影グマの解消術「脱脂ダブルリポ法」や「脱脂コンデンスリポ法」を行なうことで目の下のクマの症状は大きく改善するケースがほとんどです。

これは、影グマが解消した分だけ症状が改善しているわけではなく、涙袋から下の部分が頬にかけて全体的に膨らむため、皮膚に張りが出て色素沈着が薄くなるからです。
ちょうど色の着いた風船を膨らますと、色が薄くなるのと同じ原理です。

脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法の詳しい説明はこちら

脱脂コンデンスリポ法の詳しい説明はこちら


ご相談・無料カウンセリング・診療のご予約・画像診断のお申込み

ご相談・無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。
専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。お気軽にご連絡・ご利用下さい。
※ご予約については、数日から1週間程度の余裕をもってお申込下さい。お急ぎの方はお電話でご連絡下さい。

メールでのご相談・画像診断には、私たちがお答えいたします
スペース 連絡先
メール相談について カウンセリング予約について
Copyright (C) 目の下のクマ・タルミの専門院|銀座みゆき通り美容外科. All Rights Reserved.