手術の痛みと麻酔の方法|目元・目の下のクマやタルミ|銀座みゆき通り美容外科大阪院

目元・目の下のクマやタルミの銀座みゆき通り美容外科大阪院 目元・目の下のクマやタルミの銀座みゆき通り美容外科大阪院 メール相談 カウンセリング予約

>>目元・目の下のクマやタルミ>>手術の痛みと麻酔の方法

手術の痛みと麻酔の方法

目元・目の下のクマ(タルミ)の症状は
【 影グマ 】・【 紫グマ 】・【 茶グマ 】の3つ

手術は痛いのですか?

手術前のご相談で患者様が一番心配されるのが、痛みに関することです。
誰でも痛いのは嫌なもの、当然のことだと思います。

それでは実際の手術の痛みとはどのようなものでしょか?

一度でも何らかの手術を受けたことがある人ならご存知かと思いますが、手術の痛みは麻酔の痛みです。
手術は麻酔の効果が出てから始めるものなので、脱脂している時や脂肪吸引、脂肪注入している時は、意識があったとしても痛みは感じません。 眠る麻酔をして手術する場合なら、痛みどころか、手術していることすら記憶に残ることはありません。

つまり、手術の痛みを左右するのは麻酔方法ということです。

完全無痛麻酔

手術は痛いのですか?

手術前のご相談で患者様が一番心配されるのが、痛みに関することです。
誰でも痛いのは嫌なもの、当然のことだと思います。

それでは実際の手術の痛みとはどのようなものでしょか?

一度でも何らかの手術を受けたことがある人ならご存知かと思いますが、手術の痛みは麻酔の痛みです。
手術は麻酔の効果が出てから始めるものなので、脱脂している時や脂肪吸引、脂肪注入している時は、意識があったとしても痛みは感じません。 眠る麻酔をして手術する場合なら、痛みどころか、手術していることすら記憶に残ることはありません。

つまり、手術の痛みを左右するのは麻酔方法ということです。

当院の目の下のくま・たるみ治療の麻酔方法

当院の目の下のくま・たるみ治療の際に行っている麻酔方法は、以下の通りです。
脱脂リポ法、脱脂ダブルリポ法は基本的に局所麻酔(点眼麻酔、浸潤麻酔、ブロック麻酔、チュメセント麻酔)で行います。オプションで笑気麻酔や静脈麻酔を併用することもできます。

脱脂コンデンスリポ法の場合は、局所麻酔(点眼麻酔、浸潤麻酔、ブロック麻酔、チュメセント麻酔)か、局所麻酔に笑気麻酔や静脈麻酔を加えた麻酔のどちらかをご希望で選択していただけます。

1. 点眼麻酔(局所麻酔)

目薬タイプの麻酔で結膜の表面を麻酔します。目薬タイプなので痛くありません。
点眼麻酔によって表面麻酔が効いたところに極細針(ナノニードル)で麻酔液を注入(浸潤麻酔)するのです。

2. 浸潤麻酔(局所麻酔)

結膜の内部は、麻酔液を直接注入して無痛にします。
麻酔注射の痛みを少なくするために効果的なのは、注射の針を細くすることです。 当院では世界一細い注射針のナノニードルを使用しています。

身体用の太い針(写真上)、顔用の細い針(写真中央)とナノニードル(写真下)比べれば一目瞭然。
ナノニードルは大変細いため、皮膚に針が刺さった感覚もほとんど感じません。

3. ブロック麻酔(局所麻酔)

患部から少し離れた神経の根元に麻酔注射を行い、患部を無痛にするのがブロック麻酔です。
脂肪注入する部位は直接麻酔注射(局所麻酔)をすると膨れてデザインが分からなくなってしまうので、 浸潤麻酔ではなくブロック麻酔を行います。

4. チュメセント麻酔(局所麻酔)

脂肪を吸引する部位には普通の麻酔注射ではなく、脂肪を柔らかくし、同時に吸引部位に内出血を起こりにくくする効果のある脂肪吸引専用の麻酔液(チュメセント)を注入します。

5. 笑気麻酔

局所麻酔(浸潤麻酔、ブロック麻酔、チュメセント麻酔)をする際に、各麻酔の注射(注入)の痛みを感じなくするための補助麻酔です。
局所麻酔に先立ち、口と鼻にマスクを当てて痛み止めの笑気ガスを吸入します。 吸入している時だけ酔っぱらった時のような感じになり、痛みが感じにくくなります。マスクを外し笑気麻酔が終了すれば、すぐに元に戻ります。

6. 静脈麻酔

局所麻酔(浸潤麻酔、ブロック麻酔、チュメセント麻酔)をする際に、各麻酔の注射(注入)の痛みを感じなくするための補助麻酔です。
局所麻酔に先立ち、眠るお薬を点滴します。眠ってから局所麻酔注射、手術などをはじめます。
痛みだけではなく、緊張や恐怖感も取り除く、完全無痛麻酔です。

手術後の痛み

手術が無痛でも、手術後に痛くならないかと不安です

手慣れた上手な医師と、研修医や下手な医師とが、それぞれ同じような手術を行った際の一番の違いは何だと思いますか?
それは同じ手術であっても手際良く身体のダメージや出血が少ない処置ができるかどうか、そして出血した場合の止血が無駄なくスムーズに行えるかどうかということです。そつまり手術の基本処置の良し悪しの違いです。

こうした基本処置のちょっとした違いが、手術時間や手術結果、ひいては手術後の痛みや腫れ、出血などに影響を及ぼします。 もっと分かりやすく言えば、手術の基本処置を適切に行うことが、手術後の痛みを最小限度に抑える秘訣です。

だから、手術後の痛みの程度も医師による差が生じるのです。
痛みが不安な方は、より医師選びに慎重になってください。


ご相談・無料カウンセリング・診療のご予約・画像診断のお申込み

ご相談・無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。
専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。お気軽にご連絡・ご利用下さい。
※ご予約については、数日から1週間程度の余裕をもってお申込下さい。お急ぎの方はお電話でご連絡下さい。

メールでのご相談・画像診断には、私たちがお答えいたします
スペース 連絡先
メール相談について カウンセリング予約について
Copyright (C) 目の下のクマ・タルミの専門院|銀座みゆき通り美容外科. All Rights Reserved.