コンデンスリッチ豊胸は従来の脂肪注入法を超えた最新豊胸術

[大阪]銀座みゆき通り美容外科

メリハリボディーと豊かなバストを同時に実現
気になる部分の脂肪を吸引し、胸に注入

脂肪注入豊胸術は、ご自身の脂肪を吸引採取し、その脂肪細胞をバストに注入するので、脂肪採取部位の部分痩せができます。

腹部や太ももなどに付いている余分な脂肪を除去すると同時に、豊かなバストにすることができる、一石二鳥のボディーメイク術です。


CRF(コンデンス・リッチファット)は不純物を取り除き濃縮された幹細胞と良質な脂肪細胞のみ使用

コンデンスリッチファット(CRF)は、専用の器具で脂肪吸引し、採取した脂肪を外気に触れないまま遠心分離にかけ、死活細胞(死んだ脂肪細胞・壊れた脂肪細胞の破片や中身)、老化細胞(老化して弱った脂肪細胞)、血液、麻酔液などの不純物を除去し、活きの良い脂肪細胞と脂肪組織に含まれる幹細胞だけを濃縮します。

脂肪の生着(定着)率は通常の2倍

通常の脂肪注入の脂肪生着率は約40%、CRFは80%となり、その差は約2倍となります。
仮に、200ccの注入をした場合、一般的な脂肪注入では80ccの脂肪生着となり、CRFの場合、160ccの脂肪生着となり治療効果は大幅に異なります。

また、同じ結果(ボリュームアップ)を求めた場合、CRFは通常の半量で済むため、体への負担も少なく、術後経過も大幅に改善されることになります。


不純物がないため安全性が高く柔らかくて自然な仕上がり

脂肪注入における術後の合併症として、部分的なあるいは広範囲に及ぶ「しこり」や「石灰化」がありますが、これらの症状は、脂肪注入時に同時に注入されてしまう、麻酔液・血液・死活細胞・老化細胞などが主な原因であることがわかっています。

これらの原因組織などは、注入する脂肪を腹部や太腿などから脂肪吸引にて採取する際に必ず生じてしまうものですので、通常の脂肪注入では、必然的に混入してしまうことになります。

CRFの技術はこれらの要因組織を特許技術で全て取り除き、健康な脂肪細胞と幹細胞のみを濃縮することが出来るため、「しこり」や「石灰化」が極めて起こりずらくなり、安全性が高く、柔らかい、自然な仕上がりを実現することが出来ます。

CRFの濃縮特許技術で幹細胞と健全な脂肪細胞のみ抽出

CRFでは、吸引採取した脂肪はウェイトフィルターにかけられ、死活・老化した細胞は壊れて液状化し、ウェイトフィルターの液体しか通さない小さな穴から排泄されます。

これにより、これまでの脂肪注入法では成しえることができなかった、「不純物と新鮮で健全な脂肪との分離」を実現することができるようになりました。

アメリカのFDA(日本の厚生労働省に該当)より認可された機器「LIPOMAX‐SC」と、特許を取得した「ウェイトフィルター」を使用した独自の脂肪の濃縮(コンデンス)技術により従来の脂肪注入法の最大の課題であった、しこり・石灰化・脂肪壊死の問題が極めて高い割合で改善されます。


CRF注入施術は認定施設でしか受けることが出来ません
当院は「日本医療脂肪移植研究会CRF協会」指定の正規認可施設です。
CRF認定シール

動画で見る治療体験ビフォーアフター

当院でコンデンスリッチ豊胸術を受けた方のバストの形や動きを動画で紹介しています。
(2分29秒)

※18歳未満はご遠慮ください。
※動画は無音声です。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。全て無料で対応しております。

ご相談・メール相談ご予約・メール予約
案内地図 電話

ページのトップへ戻る