従来の脂肪注入との比較|コンデンスリッチ豊胸術

銀座みゆき通り美容外科[大阪]

従来の脂肪注入との比較

1.注入脂肪の処理のプロセスでの比較

吸引した内容物の種類 他の脂肪注入との比較イメージ 他の脂肪注入との比較説明

2.注入脂肪の定着量(理論値)での比較

吸引量と定着量の比較イメージ

脂肪幹細胞注入法の場合、幹細胞の割合が多いために定着率は約80%と従来の脂肪注入よりも多くの定着を得られるように一見みられるますが、吸引した脂肪の内、50%は脂肪幹細胞を抽出し(残りの脂肪細胞は廃棄)残りの50%に抽出した脂肪幹細胞を添加して注入に使用する為、 吸引した脂肪量から換算すると50%×80%=40%しかバストには定着しないと考えられ、従来の脂肪注入と何ら変わりがないことになります。

これに対し、コンデンスリッファットでは、健全な脂肪細胞と脂肪幹細胞がコンデンス(濃縮)されているため、コンデンスの際に約66%に減量しますが、注入量の約80%が定着するので、 吸引した脂肪量から換算すると66%×80%=53%の定着率となります。

脂肪幹細胞注入法とコンデンスリッチファット注入法との定着率を比較した場合では、およそ32.5%コンデンスリッチファット注入法が優れているということになります。
(※脂肪幹細胞を100%とした場合、コンデンスリッチファット注入法が132.5%という計算比較)

しかも、しこりや石灰化の問題も解消し、手術時間も短縮して体の負担も軽減しました。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。全て無料で対応しております。

ご相談・メール相談ご予約・メール予約
案内地図 電話

ページのトップへ戻る