二重まぶた・目頭・目尻・下瞼開大(たれ目)・涙袋(涙堂)・眼瞼下垂・目の下のクマ・タルミ

目の下のクマ(下まぶたのクマ)|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>目の美容外科>>目の下のクマ(下まぶたのクマ)

イメージ

目の下のクマ(下まぶたのクマ)(下瞼脱脂)

当院で最も人気の高い美容外科手術「目の下のクマやタルミの修正術」はメスを使わず行うことができます。豊富な症例データに基づいた精度の高い治療をお約束します。

目の下のクマ特設サイト新設!より詳しい情報や、モニター症例の数々をご覧頂けます。
目の下のクマやタルミの特設サイトへ

目の下のクマ(下まぶたのクマ)レーザー手術;経結膜脱脂法

下まぶたのクマ( 目の下のクマ) のレーザー手術:経結膜脱脂法(下瞼脱脂)は、下まぶたのクマ( 目の下のクマ)の膨らみを、瞼の裏(結膜側)から脂肪を除去することで治す方法です。

結膜を炭酸ガスレーザーで切開して行うので、ほとんど出血せず、腫れも極めて少なく、また皮膚に傷が残らず手術の翌日には普通にお化粧できるので、ダウンタイムが短いのが特徴です。

手術方法

先ず、お化粧している場合は、まぶた付近のお化粧を取ります。
座った姿勢でくまの状態をチェックし、どの部位からどの程度脂肪を除去するかの見当をつけておきます。

目の下のクマ手術手順1

@手術のデザイン


手術台に上がって仰向けとなり、消毒などした後に麻酔の目薬をさします。
少しすると痛みが感じにくくなるので、それから下まぶたの裏側(結膜側)に極細の針で麻酔注射をします。完全に痛みを感じないようになってから、手術開始です。

はじめに、下まぶたを裏返して固定し、炭酸ガスレーザーで結膜を切開します。普通のメスで切開するのと違い、止血しながら切開するので、ほとんど血が出ることはありません。

目の下のクマ手術手順2

@炭酸ガスレーザーで結膜を切開しはじめたところです。
麻酔が効いているので、全然痛みはありません。


ある程度切開したら瞼の脂肪が露出するので、膨らみの状態を確認しながら、予定通り脂肪を除去していきます。よく誤解されるのですが、これは脂肪吸引ではないので、吸い出すのではなく、飛び出した余分な脂肪を引き出して、適量を切除するのです。さらに詳しく言うと、脂肪は薄い被膜に覆われているので、この被膜を切開して、脂肪のみを引き出して切除します。

目の下のクマ手術手順3

@レーザーによる結膜切開が終り、切除する脂肪を引き出しているところ


脂肪を切除したら、その後に出血しないように、電気メスで確実に止血します。下まぶたに飛び出す脂肪は 3 つの塊に分かれているので、状態により 3 つ全て除去したり、一部だけの除去にしたりします。通常は全て除去をまとめて行うのではなく、少し除去しては途中で瞼の膨らみの改善具合を確認し、適量の除去となるように慎重に調節します。

結膜は直接眼球に触れる部分なので縫合せずに終了します。結膜は口の中と同様に粘膜組織なので、切開したままにしておいても、短期間できれいに治ってしまうのです。

手術が終れば、少しだけ瞼を冷やして、その後はそのまま帰宅できます。手術直後から極めて腫れが少ないので、ほとんどの患者様はそのままお帰りになります。心配な方はサングラスなどを用意しておけばいいでしょう。

目の下のクマ手術手順4

@両側の手術が終り、切除した脂肪を並べた写真。
下まぶたの膨らみがきれいに取れてなくなっていることが分かります。
手術直後ですが、ほとんど腫れていません。


瞼に傷は出来ませんが、まぶたの安静のため 1 ~ 2 日はアイメイクをお休みし、その後はアイメイクOKです。
この手術後に制約があるのは、コンタクトレンズの使用です。瞼の裏を切開していますので、傷が回復するまでの術後 1 週間程度、コンタクトレンズの使用はご遠慮いただくようになります。このため視力が悪い患者様は、あらかじめ眼鏡をご用意ください。

経結膜脱脂法(下瞼脱脂)症例写真

症例1

手術前;下まぶたの膨らみの下に影が出来て目立ちます。

下瞼脱脂症例1

手術直後;まぶたの裏から手術しますので、傷は全く見えません。直後もそれほど腫れていません。

下瞼脱脂症例1-2

手術後3日目;内出血など、ほとんど目立ちません。多少腫れていますが、手術翌日からアイメイクできるので、十分カバーできます。

下瞼脱脂症例1-3

手術後1ヶ月目;腫れもなくなりました。クマの膨らみが消えたことで、それまではっきりしなかった涙袋がくっきり出るようになり、より魅力的な目になりました。

下瞼脱脂症例1-4

症例2

手術前;下まぶたの膨らみが、かなり目立っています。

下瞼脱脂症例2

手術直後;まぶたの裏から手術しますので、傷は全く見えません。直後もそれほど腫れていません。

下瞼脱脂症例2-1

手術後4日目;左側の眼球結膜(白目)にわずかに内出血していますが、ほとんど目立ちません。腫れもアイメイクで十分カバーできるレベルです。

下瞼脱脂症例2-2

手術後11日目;腫れも内出血もほとんど分からなくなりました。

下瞼脱脂症例2-3

手術後1ヶ月目;腫れもなくなりました。クマの膨らみが消えたことで、それまではっきりしなかった涙袋がくっきり出るようになりました。

下瞼脱脂症例2-4

症例3

下瞼脱脂症例3

症例4

下瞼脱脂症例3

経結膜脱脂法(下瞼脱脂)と下瞼頬脂肪注入の併用治療

下瞼が脂肪で膨れているだけでなく、膨らみの下がハの字型に窪んでクマが目立つタイプの人では、経結膜脱脂法(下瞼脱脂)で膨らみを取り除くだけでは十分には改善しません。
脱脂によって膨らみを取り除くと同時に、窪んだ部分を盛り上げて平坦化する必要があります。

窪みの原因は、もともと頬骨の前面に存在するべき頬の皮下脂肪(メーラーファット)が生まれつき少ない、あるいは加齢によって下垂したためなので、少ない部分に脂肪を注入して補うことで改善します。
メーラーファットの膨らみがよみがえると、目の下のクマが改善するだけでなく、頬がリフトアップしたようになり、さらなる若返り効果があります。年齢が若いのにもかかわらず、生まれつき頬の前面が平坦でクマが目立っているケースでは、脂肪注入によって本来の健康的な若々しい容貌に整えることができます。

症例1

下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例1
下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例1-2

症例2

下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例2
下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例2-2

症例3

下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例3
下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例3-2

症例4

下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例4
下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例4-2

症例5

下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例5
下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例5-2

症例6

下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例6
下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例6-2

症例7

下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例7
下瞼脱脂と下瞼頬脂肪注入症例7-2
目の下のクマ特設サイト新設!より詳しい情報や、モニター症例の数々をご覧頂けます。
目の下のクマやタルミの特設サイトへ
ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る