涙袋(涙堂)との関連性|目元・目の下のくま・たるみ

銀座みゆき通り美容外科[大阪]

目元・目の下のクマ・タルミと涙袋(涙堂)との関連性

目の下の膨らみなどの原因で涙袋が隠れてしまっている場合があります

下まぶたのまつ毛の下側に沿ってふっくらとした膨らみがあります。ここが涙袋(涙堂)で、膨らみの程度は涙袋(涙堂)を形成する筋膜や皮膚の厚さにより個人差があります。

涙袋がはっきりとしてふっくらとしていると若々しい印象となるため、好まれているようです。

涙袋(涙堂)と目の下のくま(影ぐま)・目の下のたるみには密接な関係があり、目の下が平坦で、その高低差によって下眼瞼溝(上の画像を参照)がはっきり現れて初めてこの涙袋は認識されるのですが、目の下の膨らみなどの原因で涙袋が隠れてしまっている場合があります。

目の下のくま(影ぐま)・目の下のたるみが存在する場合、眼窩脂肪による下まぶたの膨らみによって涙袋(涙堂)とまぶたの高低差が減るため、下眼瞼溝が浅く境界不明瞭となります。このため本来は涙袋(涙堂)があるにもかかわらず、一見涙袋(涙堂)が無いように見えることがあります。

あるいは涙袋(涙堂)の境界である下眼瞼溝と、目の下のくまの境界である眼頬溝(→詳しくはこちら)が共存して、目の下の膨らみが2分割した外観になることもあります。

こうした状態に注入法による涙袋(涙堂)形成を行っても、涙袋の膨らみとまぶたの膨らみが合体して目の下のくま・たるみが拡大した外観になったり、膨らみが2分割したままでくっきりした涙袋(涙堂)とは異なる外観になったりする可能性が高くなります。

それではどうしたらいいのか?

目の下のクマ治療で涙袋がはっきりと!

くっきりした涙袋の妨げになっている目の下のくま(影ぐま)・目の下のたるみをなくしてしまえば、まぶたの膨らみに埋没していた涙袋(涙堂)がくっきりと現れます。

もともと涙袋が小さい方の場合、経結膜脱脂法や脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法・脱脂コンデンスリポ法で目の下のくま・たるみの治療を行なっても、涙袋ははっきりと出ないことがあります。そのような場合はヒアルロン酸注入や脂肪注入で涙袋をふっくらとはっきりさせることができます。

目の下のくま・たるみを治療した結果、涙袋(涙堂)が現れた症例

(涙袋形成術は行っておりません)

  • 比較症例01
  • 比較症例02
  • 比較症例03
  • 比較症例04
  • 比較症例05
  • 比較症例06
  • 比較症例07
  • 比較症例08
  • 比較症例09

経結膜脱脂法の詳しい説明はこちら

脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法の詳しい説明はこちら

脱脂コンデンスリポ法の詳しい説明はこちら

ご相談・ご予約・画像診断について

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

また、画像診断では、スマホなどでお撮りいただいた写真をお送りいただくことで、的確なアドバイスと治療方針や治療費用を事前にお伝えさせて頂いております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。全て無料で対応しております。
また、ご入力いただく情報は暗号通信SSLに対応しておりますので第三者に読み取られることもございませんので安心してご利用いただけます。

画像診断について
ご相談・メール相談ご予約・メール予約
案内地図 電話

ページのトップへ戻る