経結膜脱脂法の限界|目元・目の下のくま・たるみ

銀座みゆき通り美容外科[大阪]

経結膜脱脂法の限界

目の下のくま・膨らみの改善法として経結膜脱脂法だけでは限界があことも

目の下のくま・たるみを解消する経結膜脱脂法は、まぶたの皮膚を切開せずに目の下のくま・たるみを治す画期的な手段であることを先にご説明しましたが(→詳しくはこちら)、完璧な方法ではなく限界もあります。

結膜脱脂法の適応

眼窩脂肪が飛び出して下まぶたが膨らみ、下まぶたと頬の境界に高低差ができて溝(眼頬溝)と影ができる状態が目の下のくま・たるみ(影ぐま)なので(→詳しくはこちら)、結膜側から眼窩脂肪を除去して高低差をなくすのが経結膜脱脂法です。(→詳しくはこちら

こちらは経結膜脱脂法で治療した症例ですが、治療によって眼頬溝や影がなくなり目の下のくま・たるみがきれいに治りました。

これらの症例に共通していることは、手術前の眼頬溝があまり凹んでいないことです。
眼頬溝に近い頬上の膨らみが保たれていると言い換えることもできます。
結果的に、眼頬溝の段差が比較的少ないので、目の下のくまやたるみは軽度に見えます。

このような症例は、まぶたの脂肪を適量除去して膨らみをなくせば眼頬溝や影がなくなります。経結膜脱脂法が最適なケースです。

結膜脱脂法の適応

結膜脱脂法が適しているのは、頬上の膨らみが保たれており、眼頬溝があまり凹んでいない状態の方です。
このような場合、膨らんだ眼窩脂肪を眼頬溝に合わせて除去すれば目の下のくま・たるみ(影ぐま)がきれいに治ります。

結膜脱脂法の限界

頬上の膨らみが不足して眼頬溝が凹んでくると、眼窩脂肪による下まぶた膨らみが同じ程度であっても、眼頬溝の凹みの分だけ高低差が大きくなり、影ぐまが目立ってきます。(→詳しくはこちら
膨らみと凹みの高低差が大きくなるほど、脱脂法で高低差をなくすためには眼窩脂肪の除去量が増えていくことになります。
眼窩脂肪の除去を控えめにすると、結果的に下まぶたよりも眼頬溝のほうが凹んでいるために影ぐまが残ってしまうからです。

しかしこうしたケースで、膨らみと凹みの差がなくなるまで眼頬溝に合わせて眼窩脂肪を除去すると、確かに下まぶたの膨らみは消失し平坦になりますが、下まぶた全体が周囲よりも凹んだエリアとなり、目元全体が影になってしまう場合があります。これでは目の下のくまが改善したとは言えません。

実際の経結膜脱脂法の手術症例で確認してみましょう。

こちらのケースは眼頬溝に左右差(左側が凹みがやや強い)が認められた症例です。
経結膜脱脂法で眼頬溝に合わせて眼窩脂肪を除去したところ、右側は影ぐまが消失しました。
しかし左側は下まぶた膨らみが平坦化したものの、下まぶたに少し影が入ります。

次のケースは、手術前に左右両側の眼頬溝に軽度の凹みが認められた症例です。
経結膜脱脂法で眼頬溝に合わせて眼窩脂肪を除去したところ、手術後は影ぐまが目立たなくなりました。
しかし下まぶた全体が頬よりも若干凹んでいるので、うっすらと影が入ります。

次のケースは頬上の膨らみが不足して、眼頬溝の凹みが著しい症例です。
経結膜脱脂法により眼頬溝に合わせて眼窩脂肪を除去したところ、下まぶたの膨らみはなくなりました。
しかし下まぶた全体が頬より凹んだエリアとなり、目元全体が影になって見えます。

頬上の膨らみが不足し、眼頬溝の凹みが目立つ影ぐま症状の方に対して、経結膜脱脂法で眼窩脂肪の膨らみを除去すると、下まぶた全体が周囲よりも凹んだエリアとなり、目元全体が影になってしまう場合があります。
さて、こうしたケースの場合に、一切の影を残さずに目の下のくま・たるみ(影ぐま)を解消させるためにはどのようしたらいいのでしょうか?

それを実現させる方法が、当院の脱脂リポ法・脱脂Wリポ法・脱脂コンデンスリポ法です。

脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法の詳しい説明はこちら

脱脂コンデンスリポ法の詳しい説明はこちら

ご相談・ご予約・画像診断について

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

また、画像診断では、スマホなどでお撮りいただいた写真をお送りいただくことで、的確なアドバイスと治療方針や治療費用を事前にお伝えさせて頂いております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。全て無料で対応しております。
また、ご入力いただく情報は暗号通信SSLに対応しておりますので第三者に読み取られることもございませんので安心してご利用いただけます。

画像診断について
ご相談・メール相談ご予約・メール予約
案内地図 電話

ページのトップへ戻る