陥没乳頭・乳頭/乳輪縮小

バスト形成
婦人科・女性器形成 婦人科・女性器形成
バスト形成

陥没乳頭(乳首)・乳輪縮小

陥没した乳頭を修正する方法や乳輪の縮小、乳頭の縮小の他、乳頭や乳輪の色素を薄くする方法などをご案内します。

乳頭縮小術(乳首縮小術)

乳首が長く伸びてしまった場合、全体に大きい場合、先端がふくれて大きい場合などいろいろな状態に応じて、部分的に切除縫合して乳首を小さく修正します。左右の形や大きさに違いがある場合には、バランスよく揃えるように治療することもできます。
手術によって乳首の感覚が麻痺したり、授乳に影響が出たりするような心配はありません。

乳頭縮小術(乳首縮小術)1
乳頭縮小術(乳首縮小術)1

乳輪縮小術

乳輪の皮膚を部分的にドーナツ型に切除縫合して、乳輪を小さく修正します。単純に縫合すると術後に再び乳輪が大きくなったり、傷痕が目立つようになったりする可能性があるので、皮下で巾着縫合を加えてこれらを防ぎます。傷は乳輪の輪郭に一致するので目立ちません。
乳首の付け根で縮小する方法と、乳輪の縁に沿って縮小する方法があり、患者様の状態とご希望に応じて適した方法を選択します。
左右の形や大きさに違いがある場合には、バランスよく揃えるように治療することもできます。

乳輪縮小術1

陥没乳頭手術(陥没乳首手術)

乳首が埋まった状態を陥没乳頭(陥没乳首)と言います。陥没乳頭(陥没乳首)は見た目も良くありませんが、問題はそれだけではなく、上手く授乳ができなくて乳腺炎を引き起こすことがあります。まずは早めに専門医の診察を受けることが大切です。
陥没乳頭(陥没乳首)は程度や授乳予定の有無によって手術方法が変わります。

陥没乳頭1

(1)軽症の陥没乳頭(乳首を何とか引き出すことができる)の方や、手術後に出産授乳の予定がある方の場合

おっぱいの通り道である乳管を傷つけずに治療します(乳管温存)。したがって授乳に影響がありません。しかしこの方法では、重症の陥没乳頭は十分に治らない場合や、治ってもいずれ再発してしまう場合があります。傷跡が目立つ心配はありません。また手術後に乳首の感覚が麻痺することもありません。

(2)重症の陥没乳頭(乳首を引き出すことが不可能、手術したが陥没が再発)の方や、手術後に出産授乳の予定がない方の場合

おっぱいの通り道である乳管をカットして治療します。乳管をカットするとは言っても治療後の乳首の外見は自然で、授乳以外には全く問題はありません。この方法の場合、術後に陥没乳頭が再発することはありません。
傷跡が目立つ心配はありません。また手術後に乳首の感覚が麻痺することもありません。

副乳切除術

本来のバスト以外の位置にある、胸のようなものを「副乳」といいます。
母胎内で人の身体ができあがる過程一度作られるもので、通常は自然に退化するのですが、まれに偶然残ったままになることがあるようです。ほとんどの場合、ワキの下~おへそを結んだライン上にあります。
副乳には、乳首だけのものもあれば乳腺(=ふくらみ)や乳輪まで残っている場合もあります。乳首だけの場合は、薄茶色の小さなイボのような感じです。副乳は病気ではないのでそのままでも問題ありませんが、もし気になるようであれば手術で切除することが可能です。
切開手術なので、わずかに傷痕が残りますが、乳首や乳輪、内部の乳腺組織をなくすことが出来ます。

副乳

モントゴメリー腺

乳輪の内側に、ぶつぶつしたにきびのような・イボのようなものが見られることがあります。 これはモントゴメリー腺という皮脂腺で、乳首と乳輪を保護するための皮脂を分泌しています。誰にでもあるものであり、機能的にもある程度は必要なものですが、その大きさや多い・少ないはかなり個人差があります。

モントゴメリー腺が必要以上に発達すると、乳輪がぶつぶつと膨らんで大変目立ちます。 こうしたケースでは、健康上に害がない範囲で目立つものだけ除去することができます。 モントゴメリー腺はイボやホクロを除去するような方法できれいに取り除くことができ、傷跡もほとんど目立たなくなります。

モントゴメリー腺はイボやホクロを除去するような方法できれいに取り除くことができ、傷跡もほとんど目立たなくなります。小さなぶつぶつの1つ1つを丁寧に除去し、極細の糸をつかって縫合します。

モントゴメリー腺

分裂乳頭

分裂乳頭(分裂乳首)とは、乳首が生まれつき2つに分裂してしまった状態で、乳輪の内部に、乳首が2つ並んでおり、2つがほぼ同じくらいの大きさの場合、大きさがかなり異なる場合など、症状は様々です。この分裂乳頭を正常な1つの乳首に形成するのが、この手術です。 このような分裂乳頭になる理由はよくわかっていません。しかし女性には多く見られる症状なので、特別珍しいということはなく奇形でもありません。

分裂乳頭の治療は、乳頭の一部を切除して、分裂した乳頭を一つに縫合して一体化する治療です。左右どちらの場合でも問題なく治療でき、片側の乳頭とのバランスを見ながらデザインして形成します。医師がご希望をお伺いし、状態を診察させていただいた上で、最適な方法をご提案いたします。

モントゴメリー腺
美容モニター募集PC美容モニター募集SP
ライントーク
オンライン診療
当院が選ばれる理由
未成年の治療について
メディア掲載履歴
学会発表・論文・表彰

ご相談・ご予約について

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。お気軽にご連絡・ご利用下さい。全て無料で対応しております。

また、ご入力いただく情報は暗号通信SSLに対応しておりますので第三者に読み取られることもございません。安心してご利用いただけます。

ご案内
診療メニュー
●FACE
●BODY
●ANTI-AGING
●OTHER

ページのトップへ戻る