鼻骨削り・ワシ鼻修正

鼻の美容外科
鼻の美容外科 鼻の美容外科
鼻の美容外科

鼻骨削り・ワシ鼻修正術

鼻すじの中ほど部分が突出して目立つ鼻をワシ鼻(鷲鼻)と言います。これを削り落として真っ直ぐにするのがワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)です。突出部分はハンプと言うので、別名ハンプ削りと言います。

ワシ鼻の原因は骨と軟骨

ワシ鼻の原因イラスト

いわゆるワシ鼻は鼻骨と鼻軟骨という2種類の骨が隆起していることが原因で、この隆起した2つの骨の部分を合わせてハンプと呼びます。 鼻骨はいわゆる固い骨で、頭蓋骨と一体になっている固い骨です。 鼻軟骨はやや柔軟性のある軟骨で鼻骨と繋がっており、この繋がっている部分が隆起している状態がワシ鼻です。

このワシ鼻を削ることで、隆起のない自然できれいなラインを作ることができます。 ただし、骨を削るだけの治療では改善しない場合が多いです。

骨削りだけでは改善しません

ワシ鼻の患者様は鼻が高い場合が多く、ワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)によってちょうど良い鼻すじの高さになる場合がほとんどです。しかしワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)を希望して来院した患者様に対して安易にプロテーゼ隆鼻術を行い、日本人には似合わない高すぎの鼻(ギリシャ彫刻のような鼻根部から高い鼻)が作り出されている場合があるので注意が必要です。

また、ワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)を行うと言って、ハンプをゴリゴリとヤスリで擦るだけの手術が行われている場合も少なくありません。しかし、たいていこの方法ではワシ鼻は改善しません。

ワシ鼻の出っ張り部分であるハンプは、上半分が骨で下半分は軟骨です。骨はある程度ヤスリで削ることができますが、軟骨は硬めのゴムのような組織のためにヤスリで擦ってもほとんど削ることが出来ません。ワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)の手術は鼻の穴の入口付近を切開してアプローチしますので、切開部分からヤスリを挿入すると、骨の手前に軟骨があるために、骨をヤスリで削ろうとしても軟骨を擦りつけているだけで一向に削れないのです。

骨削り+軟骨カットで改善

骨削り+軟骨カットイラスト

軟骨はメスやハサミのような鋭利な刃物でしか削ることが出来ません。このため当院のワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)では、まずハンプの軟骨部分をメスで適量カットし、次いで鼻骨を専用のノミで削り取ります。

手術方法

  1. 静脈麻酔で眠っている間に手術します。鼻の穴の中を切開してハンプ部分(鼻軟骨と鼻骨)をメスやノミで削り取ります。
  2. ハンプが小さければこれで終了して切開部を縫合します。術後は鼻すじをテープまたはプラスチックギプスで固定します。
  3. ハンプが大きい場合はハンプを削ったことで鼻すじが太く扁平になってしまうことがあるので、引き続き鼻すじを細く整える鼻骨幅寄せ骨切り術を行い、術後は鼻すじをプラスチックギプスで固定します。
手術手順イラスト

症例写真;ワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)

ワシ鼻修正術症例1
内容 費用(税別) 時間
わし鼻削り+鼻骨幅寄せ骨切り、整鼻術 ¥650,000 2時間程度
美容モニター募集PC美容モニター募集SP
ライントーク
オンライン診療
当院が選ばれる理由
未成年の治療について
メディア掲載履歴
学会発表・論文・表彰

ご相談・ご予約について

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。お気軽にご連絡・ご利用下さい。全て無料で対応しております。

また、ご入力いただく情報は暗号通信SSLに対応しておりますので第三者に読み取られることもございません。安心してご利用いただけます。

ご案内
診療メニュー
●FACE
●BODY
●ANTI-AGING
●OTHER

ページのトップへ戻る