アゴの整形

フェイスライン
フェイスライン フェイスライン
フェイスライン

アゴの整形(整容術)

アゴの美容外科治療にはヒアルロン酸を注入して形を整える方法や、プロテーゼと呼ばれる医療用シリコンをその方の形に合わせて成型して形を整える方法などがあります。

ヒアルロン酸注入法(プチアゴ整容術)

ヒアルロン酸を注射してアゴ先を整えるプチ整形です。
施術中に鏡で見て打ち合わせしながら、ご希望通りに整えることができます。

通常のヒアルロン酸は半年~1年で吸収されて元に戻ります。
また腫れの心配もないので、忙しくて手術まではちょっと…という人や、プチ整形の結果を見てから手術をするかどうか決めたいという人は、まずヒアルロン酸注入でお試しください。

高濃度ヒアルロン酸クレヴィエル

クレヴィエル

クレヴィエル(CLEVIEL)は最新の技術で開発された、全く新しい注入治療専用ヒアルロン酸です。 ヒアルロン酸の分子同士のつながりを強くする特殊技術により、架橋剤などの添加を最少限に抑え、高濃度と高密度を実現させました。 従来の注入用ヒアルロン酸にくらべ、重量あたりのヒアルロン酸含有量が2倍になっています。

高濃度ヒアルロン酸クレヴィエル

クレヴィエルの認定クリニック

クレヴィエルの認定証

銀座みゆき通り美容外科は、高度なヒアルロン酸注入技術が認められたクレヴィエルの認定クリニックです。

オーダーメイドプロテーゼ法

それは既製プロテーゼの断面はかまぼこのような形でアゴの骨の輪郭にフィットしないことが多く、コブのような不自然なアゴになる場合があるからです。患者様の骨の輪郭にぴったりフィットさせ、かつご希望の高さや形を実現するには、既製品ではなく患者様専用のプロテーゼが必要です。
しかし残念なことですが、実際は手技の簡便さから既製品を使用するドクターがほとんどなのです。

手間を惜しまず結果を重視したオーダーメイドプロテーゼ法なら、ワンランク上の自然な仕上がりを実現できます。

医療用固形シリコンプロテーゼでアゴ先の骨格を補う手術です。
当院では、多くのクリニックで使用されている一般的な既製のシリコンプロテーゼは一切使用しておりません。術前に特殊なレントゲン撮影をしてアゴの骨の形態や軟部組織の厚みなどを確認し、あなたのアゴの骨にぴったりフィットするように、医療用シリコンブロックからあなただけのプロテーゼを削り出します。

口の中から治療し、切開部分は溶ける糸で縫合します。
術後は数日程度、肌色テープでアゴ先を固定します。

プロテーゼはアゴ骨の骨膜下に確実に挿入するので、術後にずれたり、動いたり、浮き上がって見えたりすることがありません。

※なぜオーダーメイドプロテーゼが必要なのでしょう?

それは既製プロテーゼの断面はかまぼこのような形でアゴの骨の輪郭にフィットしないことが多く、コブのような不自然なアゴになる場合があるからです。
患者様の骨の輪郭にぴったりフィットさせ、かつご希望の高さや形を実現するには、既製品ではなく患者様専用のプロテーゼが必要です。
しかし残念なことですが、実際は手技の簡便さから既製品を使用するドクターがほとんどなのです。

手間を惜しまず結果を重視したオーダーメイドプロテーゼ法なら、ワンランク上の自然な仕上がりを実現できます。

施術前

アゴ整容術イラスト1

既製のプロテーゼ挿入後
プロテーゼの断面はかまぼこのような形をしているので、コブのような不自然なアゴになる場合があります

アゴ整容術イラスト2

オーダーメイドプロテーゼ挿入後
プロテーゼはレントゲン写真を基にデザインして削り出すので、アゴの骨にぴったりフィットして自然なアゴのラインに仕上がります。

アゴ整容術イラスト3

※なぜオーダーメイドプロテーゼが必要なのかについて、隆鼻術に用いる鼻のプロテーゼについてのページで詳しくご説明させて頂いております。

鼻のオーダーメイドプロテーゼの説明

症例写真

症例1(アゴ整容術オーダーメイドプロテーゼ法)
アゴ整容術の症例1
症例2(アゴ整容術オーダーメイドプロテーゼ法)

症例写真の方のレントゲン画像です。

普通のレントゲンと設定が異なり、骨だけではなく、皮膚の輪郭や皮下組織なども写し込むことができます。普通のレントゲンだと明瞭には写りにくいプロテーゼもくっきりと写せるので、形や挿入位置がよく分かります。

画像は上段から横顔の写真、中段がレントゲン側面像、下段はアゴ先の拡大画像です。

アゴ整容術の症例2-2

アゴ骨削り

アゴ先が出て目立つ場合に、アゴ先の骨を削って形を整える手術です。

口の中から治療し、切開部分は溶ける糸で縫合します。術後は数日程度、フェイスバンドをつけます。
完成するのは2~3ヵ月後になります。

アゴ骨切り中抜き法

長いアゴを短く、大きなアゴを小さくする手術です。アゴの骨をスライスしてくり抜き、上下の骨を固定します。
つまりくり抜いた骨の分だけ、アゴの長さが短くなります。

単純にアゴの骨を削り落とすと、アゴ下の形が直線的で不自然になったり、アゴ下の筋肉がたるんでしまったりすることがあるので、このような中抜き法で手術するのです。上下の骨をそのまま固定すると、せっかく中抜き法で手術してもアゴ下の筋肉が緩んでたるむことがあるので、これを防ぐために下の骨の前面を削り前方にスライドさせて上の骨と固定します。

上下の骨の段差は、同時に削って滑らかにします。全身麻酔下で口の中から治療し、口の中の切開部分は溶ける糸で縫合します。
術後は数日程度、フェイスバンドをつけます。完成するのは2~3ヵ月後になります。

アゴ整容術のイラスト2

症例写真(アゴ骨切り中抜き法)

アゴ整容術の症例3
美容モニター募集PC美容モニター募集SP
ライントーク
オンライン診療
当院が選ばれる理由
未成年の治療について
メディア掲載履歴
学会発表・論文・表彰

ご相談・ご予約について

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。お気軽にご連絡・ご利用下さい。全て無料で対応しております。

また、ご入力いただく情報は暗号通信SSLに対応しておりますので第三者に読み取られることもございません。安心してご利用いただけます。

ご案内
診療メニュー
●FACE
●BODY
●ANTI-AGING
●OTHER

ページのトップへ戻る