眼瞼下垂

目の美容外科
眼瞼下垂

眼瞼下垂

生まれつき、あるいは長期のコンタクトレンズ装着やまぶたのケガ、老化などの原因で、まぶたの開きが弱くなった状態を眼瞼下垂(がんけんかすい)と言います。眼瞼下垂の大半は、挙筋短縮術(または挙筋前転術)で正常な状態に治すことが出来ます。

手術は、二重まぶた埋没法のように皮膚を切らずにまぶたの裏側で糸を結ぶことで治す埋没タッキング法と、二重まぶた切開法のように皮膚切開して行う挙筋腱膜前転術の2種類の方法があり、状態に応じて適した方法をご案内いたします。

病的な眼瞼下垂以外でも、目の開きがやや不良で眠たそうな目に見える場合、同じ方法でパッチリ大きな目にすることが出来ます。

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂イメージ

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、上まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱くなり、目をしっかりと開けなくなる症状のことです。

目の開きが悪く目をいつも細めているように見えるため、目つきが悪くなってしまい、いつも眠そうで、ぼんやりしているような印象になります。

眼瞼下垂イメージ2

眼瞼下垂には眼瞼挙筋がもともと弱い(先天性)のものと、外傷性や老人性、神経筋疾患によるものがあります。また、長期のコンタクトレンズ装用による後天性のものもあります。特に最近はスマートホンなどを長時間見たり、目を酷使する方が増えたため、10代から20代、30代の比較的若い方でも症状が出る方が増えています。

眼瞼下垂が原因となる様々な症状

眼瞼下垂手術 埋没タッキング法(切らない眼瞼下垂矯正手術)

『埋没タッキング法』は、分かりやすく言うと、切らない眼瞼下垂矯正手術です。眼瞼下垂(がんけんかすい)というのは、上瞼の開きが普通よりも悪いために、目が開きにくい状態のことで、病的な場合は保険診療の治療対象となります。

この方法は、二重まぶた埋没法と同様に、将来的に元に戻ってしまう可能性もあるのが欠点ですが、全例戻るというわけではないですし、何より切開しないのでダウンタイムが短いのが特長です。目の開きを大きくしてパッチリ目にすると同時に、二重まぶたも好みの形に作ることが出来ます。単に一重から二重まぶたにしたいだけでなく、黒目の大きな二重まぶたに整形したい方、すでに二重まぶただけれど黒目を大きくして目ヂカラをアップさせたいという方に適した手術です。

傷跡は普通の埋没法二重まぶたと同じく、二重のラインに沿って針穴数箇所だけ、手術の当日から洗顔可能、翌日からアイメイク可能です。腫れの程度も普通の埋没法程度、切開縫合がないので通院なしでの手術が可能です。

症例写真1(切らない眼瞼下垂修正術:埋没タッキング法)

二重まぶた埋没タッキング法症例1

症例写真2(切らない眼瞼下垂修正術:埋没タッキング法)

二重まぶた埋没タッキング法症例2

眼瞼下垂手術 切開法法

この手術は、瞼を切開してゆるんだ眼瞼挙筋を縮ることで、目の開きを良くする方法です。

症例写真3(切開による眼瞼下垂の修正術:挙筋腱膜前転術)

眼瞼下垂症例3

費用

関連コンテンツ
銀座みゆき通り美容外科大阪院のLINE公式アカウント
銀座みゆき通り美容外科のインスタグラム公式アカウント
リモート診療
銀座みゆき通り美容外科大阪院youtube公式チャンネル
当院が選ばれる理由
美容モニター募集
メディア掲載履歴
学会発表・論文・表彰
ご案内
診療メニュー
●FACE
●BODY
●ANTI-AGING
●OTHER

ページのトップへ戻る


画像診断

メール相談

来院予約